フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

フリーランスエンジニア

企業常駐型 フリーランス エンジニアの心構え

2019年1月10日

概要

企業常駐型 フリーランス エンジニアになって6年が過ぎ7年目に突入しようかとしています。
ただ、前途多難な日々を過ごしたこともあります。
そこで今回は今までどのように乗り切ったのかを紹介できればと思います。

まず、大変なのはフリーランスとして働いて現場がよく変わるということ
長い場合は1年、2年といることはあるし、それ以上長くいる人もいます。

私自身は結構 案件 が変わりましたが途絶えることがありませんでした。
フリーで働くということはa

ただ、正社員ではないということと単価が高いため企業に負荷がかかります。
それでコストカットするときはまず、負荷が高い業務委託契約の
フリーランスエンジニアから終了することが多くあります。

周りが正社員のみで自分だけ業務委託で雇われている状態のこともあります。
そういう時、会議に自分だけ呼ばれないという現場もありました。

そこでどう乗り越えるのかリストにまとめてみました。

  • 出来るだけ社員とコミュニケーションをとる
  • 自分は単価が高いんだから多少の辛いことには目を瞑る
  • スキルシートは常に最新にしておく

出来るだけ社員とコミュニケーションをとる

フリーランスを長くしているとコミュニケーションをすることが少なくなってきます。それを回避するために、できるだけコミュニケーションを取る必要があります。人間関係が悪くなるのはすぐにダメになります。

フリーランスエンジニアにとって協調性も重要な要素の一つです。飲み会は積極的に参加することがいいと思います。

自分は単価が高いんだから多少の辛いことには目を瞑る

重要な会議には外されたり、社員のみのコミュニケーションツールや専用スラックチャンネルには参加できない。
それはフリーランスエンジニアとしては当たり前のことです。

単価が高いんだから多少は目を瞑ることが重要だと思います。
メンタルの面では寂しいですがなれるようにしてください。

スキルシートは常に最新にしておく

いつ、いかなる時でも派遣場所をチェンジできるようにしないといけません。
最新のスキルシートを用意し、すぐに面談に入れるようにしましょう。

ココに注意

一つのエージェントだけでなく複数のエージェントに登録しておかないと
来月の職がないということもありえるかもしれません。

そうならないためにも登録しておきましょう

こちらにエージェントを複数用意してますのでご参照ください。

絶対にやってはいけないこと

仲が良くなり過ぎて自分の単価をポロっと言ってしまうと一気に関係は崩れます。

理由は簡単、正社員は月額30万、40万しかもらっていないのに業務委託は70万、80万もらっているのです。
しかも、指示される側としてなのに指示される側が倍以上もらってることになるから正社員として働いている人は自分がバカバカしく思えるしその妬みがフリーランスに向くことが多くあります。

フリーランスエンジニアは単価が高いのである程度の疎外感が耐えるべき

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-フリーランスエンジニア

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.