フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

フリーランスエンジニア

企業 常駐型 フリーランスエンジニアの働き方

投稿日:2019年1月4日 更新日:

フリーランスエンジニアは大きく2種類

エンジニアのフリーランスになって主に以下の2種類の道に分かれます。

  • 企業 常駐型 フリーランスエンジニア
  • 自立型フリーランスエンジニア

私自身はフリーランスエンジニアとして2013年2月からスタートしました。
スタートから今まで企業 常駐型のフリーランスエンジニアとして携わってきました。
そこで得たことについて情報を発信していきます。

企業 常駐型 フリーランスエンジニアとは 「レバテック」や「フォスターフリーランス」といったエージェントに所属し、
どこかの企業を紹介してもらい紹介してもらった企業に中長期的に常駐して働くことです。

詳しくはエージェント比較ページをご参照ください

フリーランスエージェントの比較

会社員とフリーランスの違い

仕事の内容はSIとほぼ同じです。
違いは税金の支払いです。今までは会社が国に支払ってくれていた作業を自分でするということだけです。

企業 常駐型 フリーランスエンジニアの仕事の大きなメリットは報酬が大きいということです。具体的には月額で70万前後が平均的で、多い人は150万円程度を1ヶ月で稼ぐ人もいます。SIで働いてた人にとってはやってることは変わらないのに収入が今までの2倍3倍になるということです。2019年1月現在は開発に関わる仕事はたくさんあります。

ただ、自分の実力が足りない場合は仕事を紹介してもらえないこともあります。
それもスキルシートの書き方と面談時の交渉力で変わってきますがエンジニア不足の現在は何かしらの仕事は紹介してもらえます。

企業常駐型フリーランスエンジニアのデメリット

正社員のように重要な会議や打ち合わせには参加することができません。
それだけでなく社員の中だけの合同ランチ的な簡単なイベントでも外されることもあります。
会社のサークルイベントで野球やサッカー、カラオケ、といったイベントはまず呼ばれません。

かなりの疎外感を受けることも多々あると思います。

会社によっては社員も派遣も同じだと宣言する会社もありますが、重要な会議や仕様打ち合わせに呼ばれない以上同じ仕事を実施することが難しいので言っていることは綺麗でもやっていることとは差があることがあります。フリーランスエンジニアは大人の対応をすることをお勧めします。

フリーランス向きの仕事、正社員向きの仕事

重要な打ち合わせや仕様調整の場には基本的に参加させてもらえないのでPM等のマネジメントをしたい方は向いていません。決まった仕様を形にしていくプログラマーとして、もしくはSE(詳細設計より)としてやっていきたい方は向いています。

バリバリコードを書きたい、要件定義とか基本設計は苦手だから開発したいという方は是非、フリーランス エージェントに登録してみてください。
収入は大幅に増えることになるのと仕事は多くあるので途絶えることはそんなにないと思います

今の市場はエンジニア不足で、仕事はいくらでもある中で参入することは特にリスクはありません。また、今まで正社員だった人にとっては参入しやすいと思います。
正社員からフリーランスになるのは本当に勇気のいることだと思います。失敗したらどうしよう。仕事が途絶えたらどうしよう。と思うことはわかります。一つ勇気を持って動き始めれば、実は怖くありません。

エージェントに属するフリーランスとして仕事を始めるとサラリーマンと変わらないと実感します。
ただ、手取りの多いサラリーマンです。

関連記事

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-フリーランスエンジニア
-

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.