フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

投資・税金 節税・節約

フリーランスの税金対策 最大84万円の所得控除

投稿日:2019年1月8日 更新日:

フリーランスの税金状況

フリーランスには税金対策をしないとサラリーマンの時よりも税金を多く支払わないといけないケースが出てきます。

A君
えーー!!フリーランスよりサラリーマンの方が税金安いんですか。高いと思ってた。

サラリーマンはもともと優遇されているから税金は安いんです。でも、フリーランスは経費等事業に関わる支出があることで税金対象から外せることができるんです。
Aさん

節税対策をしていると同じ年収だったとしてもサラリーマンよりも税金が低い金額の納付で済むことになります。

フリーランスの方が税金は高いです。ただ、節税対策をすることによってサラリーマンよりも税金を安くすることができます。
その中で効果的な節税対策の中の一つが小規模企業共済です。

小規模企業共済とは

ポイント

経営者、フリーランスの退職金制度のようなものです。

月に1回積み立てるのか年に1回積み立てるのか選べるのですが小規模企業共済に積み立てたお金は全て所得税から控除されます。
積み立て金額は毎月1,000円から70,000円まで選ぶことができます。毎月70,000円だった場合は1年で840,000円の所得税を控除することができます。
税金が大幅に安くなるので大変助かります。

続いて、デメリットを紹介します。基本的に20年は入り続けないと解約しても全額戻ってこないです。廃業したり本人が亡くなった場合は20年経過しなくても全額戻ってきますが・・・

もう一つ、サポートはメールで問い合わせすると平日の一番忙しい午前中に電話がかかってきます。
対応策はなんとか時間を作って自分から平日のサポート時間に電話することです。

メリットデメリットを考えた上で入ったほうがいいと思います。
フリーランスエンジニアになって6ヶ月調査と検討を踏まえて加入することにしました。

小規模企業共済

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-投資・税金, 節税・節約

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.