フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

ripple xrp

リップル 投資・税金

リップル ( xrp ) の投資と今後の未来

投稿日:2019年1月14日 更新日:

仮想通貨のビットコインが2017年、2018年すごく盛り上がりました。
2018年後半は大下落が起こってしまいました。

2019年1月現在は下落しまくって一段落したという状況でしょうか

今後のビットコインについてはまだまだ普及していないということと将来的に使われる可能性があるため伸びていくと思います。
現在は、仮想通貨全てが下落傾向でほとんどの人が損失を確定している状況のため仮想通貨の注目度は下がっています。

盛り上がるのは値段が上がりきった頃、儲けた人が利益を確定する頃にその利益に憧れてみんな口座を作ることになります。

仮想通貨の盛り上がりが一段落して落ち着いているというか冬の時代が来ました。
こんな時こそまた利益を出す機会があるのではないかと思っています。

その中で特に今注目されている仮想通貨であるリップルの話をしていこうと思います。

リップルの特徴

リップルというのは会社名です。
国際送金・決済に特化したシステムを構築しています。

国際送金に特化した仮想通貨
今、現行の国際送金は一つのネットワークとして複数の銀行間で送金処理を行い最終的に目的の場所にお金が振り込まれることになっているのですがリップルは送金前にリップルという通貨に換え直接目的の場所まで行きリップルを各通貨に戻すことができます。

そうすることによって、大幅にスピードとてコストである手数料を削減することができます。

XRP

リップル社がXRPという仮想通貨を発行しています。
つまりXRPはリップルが発行している仮想通貨です。

よく、リップルとXRPは同一だと思っている人がいたと思いますが
実は違うわけです。

安全性

安全性は高くビットコインの場合は誰でも作成できるマイニングという技術を使っていますが、
リップルの場合はリップル社が認めた人たちでないと承認できないようにしています。

ビットコインよりもリップルの方が安全性は高まっています。
ビットコインも将来性はありますが、機能面で他の仮想通貨を圧倒している。
リップルは将来的に伸びていくだろうと私は考えています。
実はブログオーナーの私もいくつかリップルを保有しています。

また、IT業界でも有名な Googleがリップルに出資をしていることも安心材料です。

仮想通貨としてのリップル

仮想通貨としてはビットコイン等別の仮想通貨と同じで取引所や販売所で取引できます。
仮想通貨としての違いは名前と値動きが違うだけです。

株でいうと銘柄が違うということになります。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-リップル, 投資・税金
-,

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.