フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

IoT テクノロジー 投資・税金

FinTech (フィンテック) とOpen Bank Project (オープンバンクプロジェクト)

投稿日:2019年2月10日 更新日:

FinTechとは

5、6年ほど前からよく言われ始めているFinTech(フィンテック)
これは金融に特化したテクノロジーの総称です。

金融関係においてAPIで情報を共有化するサービスを開始することや、
確定申告の際に自動で銀行からの情報を取り込んで一気に作成できるサービスを生み出していけると思います。

成功している事例としては以下の通りです

  • Money Forward
  • FREEE
  • THEO

Money Forward

銀行口座やクレジットカードの今の口座状況や支払い状況を一つの画面で確認できる制度です。

FREEE

確定申告の際に自動で銀行から情報を取り込んでこちらで何も入力することなく銀行やクレジット会社などの金融機関から情報を取り込んでくれる

そして決算書類を自動で作成してくれるサービスです。

THEO

投資を一任するサービスです。ここにITの知識をふんだんに取り入れた投資をしていくようです。

興味があれば登録してみてください。

Money ForwardやFREEEはフリーランスエンジニアの方はすでに知っている有名サービスだと思います。

オープンバンクプロジェクトとは

2010年から始まった銀行(金融)情報をオープンにすることを目的とし、
160カ国以上から1万人以上の開発者が使用しています。

銀行間や金融全般が情報を共有して何かのビジネスに発展させる超巨大プロジェクトです。
端的にいうと銀行や金融機関にAPIを開放しサービスを公開することを目的としています。

ヨーロッパのプロジェクトなので日本ではまだ盛んではないです。

日本の銀行もOpenbankProjectの取組みについては当然知っていますが、
今の日本では個人情報保護がありどこまでオープンにしていいのか
日本の規制の中でどのように発達させていくのかは手探りの状態です。

日本もみずほフィナンシャルグループでは
みずほHackというイベントを開催する等、システムについての関心は高いのですが
OpenbankProjectのようにAPI公開までの道のりは大変難しいです。

https://www.openbankproject.com

日本でも大きなオープンバンクAPIができれば新しいビジネスに発展していくだろうと思います。

もうMoney Forwardでは銀行や金融機関を連携した情報の集約はできているので
アイデアを持ったベンチャー企業があればやる気次第で面白いサービスを作れるのではないかと思っています。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-IoT, テクノロジー, 投資・税金

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.