フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアのシニアの現状

投稿日:

(おしらせ)最近のエンジニアは高齢でも活躍できます。

一昔前はプログラマー定年35歳と言われ、長時間労働で激務だったのですが
最近はそこまで残業や徹夜という激務を乗り越えなければならなかったです。

労働基準法を大幅に違反している一部の中小企業は残っていますが、ほとんど激務はありません。

そのため、年齢が上がっても仕事は続けれられます。

私も含めですが40代以上のエンジニアは徐々に増えてきており、フリーランスのエージェントの社員の方に聞いても、
40代50代で活躍しているエンジニアは多いという話を耳にします。

高齢化の理由はプログラミングが仕事になってからもう二十数年経過しており、
その方達がそのまま年齢を重ねていったことが原因だと思います。

この高齢になったエンジニアでも、まだまだ仕事がたくさんあり、
安定して仕事に携わることもできます。

原因はエンジニア不足です。
まだまだ社会では仕事がたくさんあるにも関わらずエンジニアが少ないために勧められないプロジェクトがたくさんあります。

それと若い高学歴なエンジニアもどんどん参入していて今ではシステムエンジニアは花形の職業になっていると思います。

昔はどこの大学出身でも専門学校出身でも入れた会社ですが
私が見かける若いプログラマーは早稲田出身だったり慶応出身だったり、学歴が高い人ばかりです。
しっかりとした大企業にはしっかりした若者がつきます。

企業の求める人材は若い優秀な人ですが、現在の世の中は人手不足であり、若い人の経験年数が少ないためベテランのエンジニアに頼む方が仕事も早いし安心ということになります。

ココに注意

40代以降のエンジニアはまだまだ活躍できるということでしたが、学ぶことをしなくなったら一瞬で淘汰されます。

なぜなら、技術の進歩スピードがすごく早いからです。

バックエンドの場合は
2015年ごろのサーバーはvagrantとサーバー環境
2016年ではdockerに変わり
2018,2019年ではkubernetesというサーバーの環境を学ぶことが必須要件です。

フロントエンドのjavascriptも
jQueryがメインだったのが今では
reactやvuejs、angularjsを使わないと時代遅れになってきています。

技術の進歩についていけなくなったら終了になってしまうので厳しい世界であることは間違いないです。

私は新しい技術が好きなので学ぶことが苦にならず、いつまででも勉強し続けられるので問題ないかなと思っています。

ベテランのITエンジニアの活躍は日本にとっていいことだと思いますし、若者にもいい刺激になるのではないでしょうか。

メモ

若者のエンジニアもどんどん成長していって競争が激しくなるような気がします。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-フリーランスエンジニア

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.