Go言語 PHP Python プログラマ

プログラミング言語比較と言語ごとの仕事内容を徹底調査

2019年3月10日

概要

勉強するプログラミング言語で将来の仕事内容が変わります。それはプログラミングの特性が違うからです。

例えば、Pythonの仕事内容はAI、IoT、ロボット、RubyやPHPの仕事内容はWebアプリケーション、WebAPIという仕事に携わることになりますプログラマーとして今後の将来が大きく変わってくるので慎重に選んでいきましょう。

それでは具体的にプログラミング言語の特性とどのような技術に携われるのか解説していきましょう。
今回紹介するプログラミング言語は以下の通りです。

今回紹介するプログラミング言語

  • JAVA
  • PHP
  • Ruby
  • Javascript(React、Vue、Angular)
  • Kotolin
  • Swift
  • ReactNative
  • Go言語
  • Python
  • C#

プログラミング言語の仕事内容と案件早見表

プログラミング言語によってどのような仕事が多くどの案件がどのような仕事内容が多いのか簡単に表にしてみました。

プログラミング言語 企業常駐案件 クラウドソーシング エンジニア数 仕事内容
JAVA Webサーバーサイド/WebAPI/組込/ロボット
PHP Webサーバーサイド/WebAPI
Ruby Webサーバーサイド/WebAPI
Javascript Webフロントエンド
Kotolin Androidアプリ
Swift iPhoneアプリ
ReactNative iPhone・Androidアプリ作成
Go言語 Webサーバーサイド/WebAPI作成
Python Webサーバサイド/ロボット/IoT/AI
C# ブロックチェーン/ゲームUnity/Webサーバーサイド

上記の星の説明

企業常駐案件数 星が黄色が多いほど案件数が多い
クラウドソーシング 星が黄色が多いほど案件数が多い
エンジニアの数 星が黄色が多いほどエンジニアの数が多い(白が多いほどエンジニアが足りてない)

JAVA

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

仕事内容は、Webサーバーサイド、WebAPI、組込、ロボットと比較的作業の幅も広いです。

JAVAは日本で一番企業常駐案件があるプログラミング言語です。この言語で職を失うことはまずないでしょう。
JAVA案件の特徴としては大企業の大規模案件が多いです。

この言語から派生しているプログラミング言語もあり、一番学習しておいたほうがいい言語だと思います。
このプログラミング言語から派生しているのが以下です。

  • Scala
  • Kotolin

もし、「今何の言語を学習したらいいかわからない。」「プログラマーとして何をしたいのかわからない」という人はこの言語を学ぶと将来、androidエンジニアにでもScalaエンジニアでもロボットエンジニアでも比較的何でもなれるなれる言語です。迷ったらこの言語を学びましょう。

PHP

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

仕事の内容は主にWebシステムです。最近はWebAPIの実装が多いです。

JAVAに続いて二番目に企業常駐案件が多いプログラミング言語です。
中小企業のシステムとして多く使われていて、案件の単価はJAVAに比較的安いです。

世界で一番使われているCMSのWordPressが作られているのがこのPHPです。
WordPressがあれば仕事が途絶えることはないですが最近はクラウドソーシングで発注するクライアントが増えており
単価が激安になってきているのが心配なところです。

Ruby

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

こちらもWeb系のプログラミング言語です。
PHPよりも流行りの言語で日本人が作成したプログラミング言語です。

フレームワークのRuby on RailsがWeb系プログラミングのほとんどで真似られているほどのしっかりしたフレームワークです。

単価はPHPよりも高いです。
また、リモート案件が多いので会社に行きたくない人は学習するといいかもしれません。

JavaScript

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

フロントエンド と言われているいわばWebシステムのサーバーサイドとフロントエンド と言われる中ではフロントエンド つまり画面に密接に関わる言語です。

世界中で注目されており、海外では一番単価が高く技術についても進化スピードが早い言語です。

React、 Vue、Angularの三種類のフレームワークが一般的になっており、この3つを抑えておけばある程度問題ありません。

画面側のプログラミングのため、デザイナーと打ち合わせすることが多くなります。

Kotolin

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

Androidアプリを作成するための言語です。
Javaがベースになっており、Javaエンジニアがこの言語に移りやすいです。
日本ではiPhoneが多いですが、海外ではAndroidの方が利用者は多いので需要が高いと思います。

最近はReactNativeがiPhoneとAndroid両方のアプリを作成できるのでKotolinから離れている現象があります。
勉強するならReactnativeがいいかもしれません。

Swift

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

iPhoneアプリを作成するための言語です。
以前はObjectCというプログラミング言語を使っていましたが最近はSwiftが主流になっています。

iPhoneエンジニアを目指すのであればこの言語と言いたいですが
アプリ作成を学びたいなら下で紹介するReactNativeかもしれません

最近はReactNativeがiPhoneとAndroid両方のアプリを作成できるのでSwiftから離れている現象があります。
勉強するならReactnativeがいいかもしれません。

ReactNative

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

この言語は新しいです。
まだベータ版なのですが、企業で使われています。

何ができるのかというと、iPhoneアプリAndroidアプリの両方を動かすことのできる言語です。

上記で説明したKotolin、Swift別々に言語を学ばないとAndroid、iPhoneを作成できなかったのですが同時に作成できるので、大変便利です。

今後は一般的になると思います。

スマートフォンアプリを勉強したいなら色々言語はありますが、このReactNativeの勉強をすることが一番のオススメになります。

Go言語

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

サーバーサイド言語です。大容量のデータを動かす時に必要な言語です。
問題は、案件自体はそこまで多くないということです。

今流行りのドメイン駆動開発と言われるものを取り入れやすくクリーンアーキテクチャで作成されるアプリケーションが多いです。
主にサーバー側でWebAPIを作成する時に使われます。

単価については開発者も少ないために非常に高いです。

Python

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

世界では一般的な言語ですが日本ではそこまで一般的ではありません。
ただ、最近はAIやロボット、IoTでこの言語が使われており、一般的になってきている言語と言われています。幼児教育にもPythonが使われているので将来的には一般的な言語になるでしょう

最新技術に興味がある人はこの言語を学ぶといいでしょう
ただ、日本での案件が少ないのでJAVAやPHPを学んで仕事が安定してからPythonを始めることがいいと思います。

C#

企業常駐案件 クラウドソーシング案件数 エンジニア数

ブロックチェーンやゲーム開発のUnityで使われています。

仮想通貨、ゲーム業界この変に興味がある人は是非とも使ってみるといいと思います。
Pythonと同様に新技術に積極的に参加できる今後のプログラミング言語と言えます。

まとめ

このようにプログラミング言語によって将来どのような会社でどのようなものを開発するのかが変わってきます。
プログラミング言語を学ぶときは慎重に、何ができるのかを考えてから学び始めることをお勧めします。

また、COBOL等の人気のない言語を比較していないというのもありますが、どのプログラミングも全体的に人手不足である状態は変わらないです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-Go言語, PHP, Python, プログラマ

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.