フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

フリーランスエンジニア

フリーランスのお金の悩みを解決 フリーナンス(Freenance)

2019年3月1日

フリーナンスとは

フリーナンスという名前はフリーランスとファイナンスを合わせて作られた言葉です。
フリーランスに特化した収納代行サービスです。
本業に注力したいけどお金を回収しないといけないしお金の管理が苦手な方向けのサービスです。

今回はフリーランスエンジニア目線で解説していきたいと思います。

詳しくはコチラ

フリーナンスのサービス

フリーナンスは大きく3つのサービスを提供しています。

Freenanceサービス

  • 振込専用口座(収納代行用口座)
  • あんしん補償(フリーランス向け損害賠償保険)
  • 即日払い(請求書買取サービス)

振込専用口座(フリーランスに特化した収納代行)

自分の好きな名義で口座を開設できます。
最大で週1回にご自身のメインバンク口座にお金が振り返られます。手数料はフリーナンスが負担します。

さらに収納代行の口座はGMOあおぞら銀行の口座で反社会的勢力かどうかを照会し、証明してくれるので発注側も安心して利用できます。

あんしん補償

最大500万円の補償があります。
フリーランスエンジニアとして仕事をしているときに以下のような事故になる可能性があります。これらを最大500万まで補償してくれます。

大500万まで補償

  1. 情報漏えい
  2. 著作権侵害
  3. 納品物の瑕疵
  4. 納期遅延など

即日払い(請求書買取サービス)


フリーランスへの支払いが遅れた物を代行で回収してくれます。
フリーランスになったけど、お金の計算とかが苦手です。

わかりやすくフリーナンスのホームページを参照すると以下のように書いてます。
即日払いは、あなたの請求書(専門用語で売掛債権と呼びます)を買い取って、その代金を最短即日、あなたの銀行口座に振り込むしくみです。
手数料は請求書額面の3.0%〜、買い取り限度額は最高300万円まで。あなたが振込専用口座を使えば使うほど、手数料は下がり、限度額はあがっていきます。
しかも、あなたの取引先に即日払いの利用は知られません。

料金体系

振込専用口座とあんしん補償は基本的に無料です。
振込手数料週1回まで無料

即日払いは有料です。
自分に入ってくる金額から差っ引かれるのでこちらから入金して支払うということはありません。

つまり、こちらからお金を振り込むということは原則ありません。

発注企業にも信頼して利用される。

仕事はたくさんあるのにフリーランスというだけで社会的な信用が低いです。

SPネットワーク社等の提供する反社会的勢力データベースに登録情報を照会したあと、
金融庁の定めた本人確認手続きに準じた本人確認後にユーザー登録をしています。
また、全ユーザーに「あんしん補償」(損害賠償保険)が掛けられているため、
万が一の業務上のトラブルの際にも、ユーザーだけでなく、発注企業さまも守られます。

フリーナンスの対象者

フリーナンスの対象者

  • フリーランスになりたいエンジニア
  • フリーランスカメラマンなどフリーランスで活動している人

フリーランスエンジニアの数と今後のフリーランス市場

フリーランスエンジニアは徐々に増えてきていますが、いまだに足りていない状況です。

今後もIoTやAI、ブロックチェーンなど新しいジャンルの仕事も増えてくると思います。
そうなると、必然的に人が足りない状況が増えてくるので今後もエンジニアは増えてくるでしょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-フリーランスエンジニア

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.