フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

設計 開発・基盤

システム開発における外部設計 PART4

投稿日:

概要

PART3の続きになります
外部設計の中でデータベース設計・テーブル定義書について説明しました。
今回はAPIインターフェース仕様についてになります。

APIインターフェース仕様

このドキュメントが一番、開発者が目にするのではないかと思います。

最近の開発はAPIを中心としたものがメインになっています。
理由はWebだけでなくiPhoneやAndroidの開発をするときにAPIが必要になるからです。

そのAPIを使ってWebも開発することになりました。
最近ではVueやReactといったJavascriptがAPIを取得できるのでWebもAPIとの相性がよく使われています。

実際にAPIインターフェース仕様書はどういったものか説明していきます。

API一覧

どのようなAPIがあるのかを紹介します。

エンドポイント

エンドポイントはどこか。つまりURLのパスは何かが記載されています。

リクエストレスポンス

リクエストパラメータは何でレスポンスパラメータは何なのか
成功したのか失敗したのかはHTTPステータスパラメータを返すことができます。

そのことがこと細かく記載してあります。

Swagger

最近ではSwaggerというツールがAPIインターフェース仕様書として使われています。

Swaggerを使うと実際にリクエストパラメータを送るとレスポンスデータが返ってくる用に作られているので実際に疎通できるかどうか確認することができ大変便利です。

私自身もよく使う仕様書です。

また、SwaggerのAPI仕様書を作成するときも、最近は仕様書を書くときにはプログラミングを書くときにアノテーションを書きます。
そのアノテーションでSwaggerドキュメントを作成することができます。

サーバーサイドエンジニアとしてやっていて、API仕様書を作っているんですが作成しているという気になっておらず、
勝手に作成しているような感じがしています。

次回予約

次回はネットワーク構成図について記載します。

前回までの外部設計

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-設計, 開発・基盤

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.