フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

フリーランスエンジニア

未経験でフリーランスエンジニアになれるか

投稿日:2019年4月12日 更新日:

概要

未経験でフリーランスになれるという人と経験年数最低5年以上ないと通用しないという人がいます。

果たしてどちらが正しくてどちらが間違っているのかということ考えていきたいと思います。

どちらが正しいかの結論は両方正しいと思います。

フリーランスエンジニアになれることもなれないことも正しい理由

理由はフリーランス様々な働き方があります。そのため、未経験でフリーランスなれると考えていると最低5年以上の経験がないと通用しないと言っている人とではフリーランスの働き方が違うからです。

未経験でフリーランスになれるという人はクラウドソーシングで仕事を受注しているエンジニアのことです。

技術については比較的簡単な仕事から本格的な仕事まで様々あります。
簡単な案件から受注すると未経験エンジニアがフリーランスとしてスタートするにはいいと思います。

ただし、単価はびっくりするぐらい安いです。

クラウドソーシングというのはエンジニアにとって価格破壊を起こすのであまりベテランエンジニアがやってしまうと、
ITの技術が安く買い叩かれてしまいます。

クラウドソーシングは「初心者」か「昔でいう主婦の内職程度」のための仕事です。せいぜい稼げても月額20万程度しかありません。
クラウドソーシングで生計を立てようと考えると明るい展望は望めません。

ライターは数をこなせば20万30万稼げるということですが所詮30万までです。

この仕事を受けてお金を稼いでいればフリーランスということに間違いはありません。
ただ、フリーランスエンジニアとしての第一歩としてはいいですが継続することはお勧めしません。
営業と組んで仕事を取るかサービスを立ち上げることをお勧めします。
収益が高い仕事を受けて資金を豊富に持っていて初めてかっこいいフリーランスエンジニアだと思います。

生活カツカツのフリーランスエンジニアはダサくてカッコ悪いです。

最低5年以上の経験がないというのは企業常駐型のエンジニアのことです。

この場合、未経験のエンジニアでは全く通用しません。
SESの場合だと未経験と実務経験者のセットで入ることができ未経験者に機会はあります。

しかし、フリーランスは全て一人で対応する必要があります。経験者とのセットで入れてくれることはありません。それに経験3年程度では全く使い物にならない場合もあり、1人称でサービスを立ち上げることはできません。企業常駐型の場合は月額60万〜100万程度はいけるので、稼げるエンジニアになるのはこちらの方だと思います。

そのため、最低5年必要と言う人もいます。フリーランスエンジニアといえど、活動方法が全然違うので未経験でもフリーランスになれる、未経験ではフリーランスになれないと言う議論が起きているのだと思います。

あと、考えられるのは自分で営業して仕事を取ることも可能ですが、営業力が必要ですし高い単価も難しいかと思います。

まとめ

今回の話はアフィリエイトやブロガーはエンジニアではないので対象外にはなります。
これはライティング力やSEOがうまくいけば稼げますがエンジニアとしての技術力とは全く違うからです。

まとめとしては未経験でフリーランスエンジニアにはなれるが対して稼げないエンジニアになる。と言うのが回答かと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-フリーランスエンジニア

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.