フリーランスエンジニアの情報サイト

スリーネクスト

IoT テクノロジー

IoTを使った 家電 無人操作 スマートホーム(Smart Home)

投稿日:

概要

IoTはこれからの時代、需要が高まってきており、その中でスマートホームは注目されています。

今は不動産会社もスマートホームを賃貸に出しているところもあります。その、注目されているスマートホームについて紹介していきます。

スマートホームとは

IoTという最近耳にする技術ですがこれは機械を無人で操作することができる技術です。

例えば、家のエアコンを外出先から無人で電源をつけたり、消したりすることができます。
真夏の暑い時にエアコンのスイッチを入れてもすぐに暖かくなりません。家に帰る30分前ぐらいにエアコンをつけていることができていれば家に帰ったらすぐに涼しい状態で入られます。

また、外出する前に自宅のドアをロックするときに自分で鍵をかける必要がありますが自分が離れると勝手にロックされるようにできます。

声でカーテンを開けてというとカーテンが自動で開いてくれるといったこともできます。実際にこのようなことはすでに現実にあります。
上記のことがスマートホームの参考例になります。

スマートホーム スターターキット

今回の紹介であるスマートホームのスターターキットは家の照明の明るさを遠隔から変えたり、先ほども記載しましたがエアコンを遠隔から操作することも可能になります。

スマートホームキットを利用すると近未来的なことが可能です。

IoTが最近は話題なので今後の進展が楽しみです。さらに今後もIoTによる発展は進んでいくことは避けられません。
今でもスマートスピーカというGoogleHomeやAmazonEchoというものが代表的で一般的になりつつあります。

日本ではマウスコンピュータが多くのIoT家電を作っています。
今回はその中の一つでスタートキットです。

フリーランスエンジニアであれば常に最新の情報があることが望ましいです。
また、エンジニアであれば今後、IoTのなにがしかのサービスに携わることもあるかと思います。

スマートホームの未来

スマートホームは将来的には一般的な家庭で増えていくだろうと思います。今はエアコンやドアの鍵といったものだけでなく他の家電や家電以外のものまで連携されていく可能性が高いですし、スマートフォンの成長もいまだに新しい機能が出てきているので2年後、3年後はIoTは普及していくだろうと思います。

今後、IoT家電の分析が可能になってきます。センサーで検知した人の年齢だったり性別を取得したり、訪問してきた時間を分析することによって今後の集客を取得するサービスも出てくるかと思います。分析した結果どこでこの家電を使っていつまで置いておくかによってより効率的なことができるようになります。

さらに家電だけでなく電気製品からのビジネスができるようになります。集客するときもロボットを置いておいたらロボットに話しかける人がいて、その人の年齢がどのぐらいなのか、表情はどうだったのか分析し、次に活かせるようにすれば将来的には大きなことができます。

スマートホームのまとめ

パソコンの普及から携帯電話の普及そしてスマートフォンの普及といった時代の流れがあって今後は家電等の電化製品も自動化や遠隔操作ができるようになる時代に突入するだろうと思います。我々は今後どのように生きるのかますます楽しくなってくると思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-IoT, テクノロジー

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.