リップル 投資・税金

リップルのセキュリティ XRP Ledgerの仕組みについて

概要

XRP Ledgerの仕組みについて紹介したいと思います。

リップルは仮想通貨の中で唯一、ブロックチェーンを使用していません。
ブロックチェーンは分散台帳システムで仮想通貨のセキュリティをしっかり守ることができます。

リップルはどのようにセキュリティを守ることができるのかというと「XRP Ledger」(エックスアールピーレジャー)です。
分散台帳の代わりになります。

ブロックチェーンとは

もともと、ブロックチェーンはセキュリティのためというよりも一つ一つのトランザクションに対して一つの台帳にしその上に次のトランザクションが格子状に乗っかっていく
それがチェーンのようになっているのでブロックチェーンと呼ばれています。

XRP Legerとは

それに対してXRP Ledgerはコンピューター計算による取引の承認(マイニング)を行うのではなく、承認者(validator)による投票で承認が行われていました。このプロセスは、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークに対して、プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus、PoC)と呼ばれます。ここでは、80%以上の承認者が有効と判定した取引のみを台帳に記録しています。この仕組みにより、数秒以内という非常に速い時間で、余分な電力の消費もなしに、取引を承認することが可能となっています。

知っておきたい用語

ノード

ネットワークに接続しているすべての機械(PCやサーバー等)

PoW

Proof Of Work(プルーフ オブ ワーク)の略です。
ビットコインやモナコインが採用している取引検証方式であり、取引検証作業をするとその報酬として、一定確率で新しいコインがもらえるという仕組みであることからよく「マイニング」と呼ばれています。

そして、この取引検証作業でもらえる報酬が「マイニング報酬」と呼ばれるものであり、現在はまだビットコインが掘りつくされていないため新しいコインが貰えますが、
2100万枚を掘り終えると取引手数料として私たちが払ったビットコインがマイニング報酬として受け取ることができます。

PoC

Proof Of Concensus(プルーフ オブ コンセンサス)の略です。
リップル(XRP)が採用しているコンセンサスシステムは、特定のバリデーター(承認者)だけが、合意された取引記録を追加していくしくみとなっています。
ここで重要な役割を果たすバリデーターは、リップル社が信頼できると判断した組織や人物から選出されます。

バリデーターの8割以上が承認に賛成すると、その取引が記録されます。いわば、特殊な多数決のようなもので、しくみとしてはシンプルです。
マイニングのように無駄な巨額の資金が必要になりませんし、素早く承認を行うことができます。

この承認作業を、PoC(Proof of Consensus:合意による証明)といいます。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-リップル, 投資・税金

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.