設計

売れるブログ記事の書き方 コンテンツの深堀について

概要

前回は記事の書き方について記載しましたが第2段になります。

企画・情報の収集から執筆・校正までを記載していますが今回は情報収集した後にその情報をいかにして魅力的かつ厚いコンテンツにしていくかということをメインで書いていこうと思います。

コンテンツの作成

コンテンツの掘り下げ

  1. 検索キーワードを決定する
  2. 紹介するモノや事柄について信用をつける
  3. 目的を明確にする
  4. 商品やモノを使わないことによる問題・課題を浮き彫りにする
  5. 問題に対する解決や価値を見出すように記事を書く
  6. 投資についての教育をします
  7. 行動するための後押しをします。

step
1
検索キーワードを決定する


まず、検索キーワードを決定します。この商品で検索されるキーワードは何か。決めていきましょう。
YahooやGoogleのサジェストをしようしたり、虫眼鏡検索を利用します。他にもキーワードボリュームを検索することをお勧めします。

step
2
紹介するモノや事柄について信用をつける


今の商品に対して新聞や他サイトからいかにこの商品や取り扱いのサービスが優れているのかを記載する。

step
3
目的を明確にする


アフィリエイトの商品・サービスに対しての目的は何か。この商品を使って、もしくはサービスを受けて何を得られるのかをわかりやすく短く書く

step
4
商品やモノを使わないことによる問題・課題を浮き彫りにする


商品を使っていなかった時はどのような手間がかかっていたのかや悩みがあったことについて書いて聞きます。より具体的にこんな手間がかかっていましたということを記載していきます・

step
5
問題に対する解決や価値を見出すように記事を書く


この商品を使ったら今までの手間がなくなってストレスが大幅に軽減されたということを具体的に書く。

step
6
投資についての教育をします


いくらの費用がかかってどのぐらいの効果があるのかを説明していきます。

step
7
行動行動するための後押しをします。


商品について買うためにさらにこのような効果がありますよとくことを書きます

注意ポイント

「買ってください」と書いたり思わせると逆に買わなくなる心理があるので書いてはいけないです。

3つのブロック

ブログを見に来た人には3つのブロックがあります。それは以下の通りです。

3つのブロック

  • 記事を読まない
  • 記事の内容を信用しない
  • 記事から買わない。クリックしない

記事を読まない

人は基本的に多くの情報があるのでよほど興味のある記事以外は見ようとしません。そのため、最初の段階で大きな興味を惹きつける必要があります。

記事の内容を信用しない

情報過多の中、本当の情報もあれば嘘の情報もあります。そして、根拠のない情報については特に信用はしません。順を追って論理的に話をしていくことが重要になります。

記事から買わない。クリックしない

記事を読んだところで簡単に買おうという意思がある人は、最初から購入目的で買う予定になります
そのため、今までの興味をつけて、ロジカルに話を説明していき信用してもらえれば購入まで至るでしょう。

ただ、簡単にはいきませんので、たくさん記事を書いてスキルを上げていく地道な作業が必要になりそうです。

このことを意識しながら記事を書くことで内容のあるいい記事が書けるようになります。

売れる記事の書き方については以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ にほんブログ村 投資ブログ リップルへ

-設計

Copyright© スリーネクスト , 2019 All Rights Reserved.