エージェント紹介 フリーランスエンジニア

40代からのシニア でも活躍できるフリーランスエンジニア エージェント

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. エージェント紹介 >

40代からのシニア でも活躍できるフリーランスエンジニア エージェント

概要

40代でもフリーランスエンジニアはたくさんいます。

ただ、若者と同じことをしていては40代では難しいです。それに企業も若い人の方が仕事を振りやすいので若い人を多く求めますしエージェントも年齢制限をかけてきます。
それでも経験を重視して仕事を依頼する会社もあり、それに強いエージェントがあるのでその紹介もさせていただきます。

ココがおすすめ


比較的シニアでも活躍している人が多いフリーランスエンジニアのためのエージェント

正社員の人が年上に指示しにくい

シニアのフリーランスエンジニアはSES系の職場ではベテランになりますが、正社員は20代が中心で30代がマネジメントをすることが多いです。
マネジメントをするマネジャーが40代の人に対して指示をすることは気を使うし、人間性も多少頑固にはなりますので使いにくいと言うのが正直なところです。
ではどのように立ち振る舞う必要があるのかと言うと以下の通りです。

・ 率先して新技術についての提言をする
・ コードレビューをして的確にアドバイスをする
・ 設計についての叩き台的なものを作成して指針を仰ぐ

フリーランスエンジニアが勝手にマネジメントをしようとすると社員のマネジャーから嫌われるので自分の立場を理解して行動することが重要です。

コネなしツテなしでも大丈夫?

年齢を追うごとにコネが重要になってきます。
今まで生きてきた証としてコネがある人は多いです。

ただ、私自身は正直コネを持てるような人間でなかったので残念ながらコネなしツテなしで勝負をかけることになります。
エンジニアは基本的に人間関係弱い人が多いと聞くのでコネなしツテなしの方も多いのではないでしょうか

もちろん月額150万円以上の高単価を狙おうとすると正直コネが必要です。

ただ月単価100万円までならツテなしコネなしでも十分に稼ぐことができます。
以下、ツテなしコネなしのシニアフリーランスエンジニア向けに記事を書いていきます。

不景気の波の直撃弾

2019年12月現在は日経平均株価の年初来高値を24,000円超えを打ち出すほどの好景気です。
不景気になった時にシニアエンジニアはどのように影響を受けるのでしょうか。

まずは人件費の安い若い人たちに仕事が行くことになるでしょう
ただ、経験と実績が必要なところも数少なくあります。

そこをうまく勝ち取っていく必要があります。

不景気になった時にどのように対応すれば仕事を勝ち取っていけるのか。
フリーランスエンジニアになったのであればマネジメントしようとするのではなく
要件定義や基本設計を追求していくことがいいと思います。

もちろんプログラミングも必要です。
JavaやPHPに特化していては時代に遅れるため複数言語対応できるようにすることをお勧めします。

これがスキルシートに乗っていれば不景気でも希少価値のある即戦力として勝ち抜くことができるのではないでしょうか

シニア向けのフリーランスエンジニア エージェント

40代以上のフリーランスエンジニアも多く活躍しているエージェントも存在します。

それがレバテックフリーランスです

もちろん会社自体は若者の支援をする方が多いのですが40代50代で経験豊富な人材を探している会社はまだまだあります。

今の40代は就職の超氷河期を生きてきた人なので正社員としての経験やプロフェッショナルとしての経験をする機会が少なかったので就職するという観点からはかなり不利な立場の人が多いです。

しかし、2020年現在は人手不足と言うこともあるので経験を積むチャンスが来ているのではないでしょうか

関連記事

フリーランスエンジニア
40代以上のシニア フリーランスエンジニアの現状

ITエンジニアは若い人が多いイメージがあります。そこで40代以上のシニアエンジニアは生存しているのか。フリーランスエンジニアとして何歳までやっていけるのか。そしてシニアのフリーランスエンジニアは活躍できるのか紹介していきます。

続きを見る

システムエンジニアランキング 仮想通貨ランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ

-エージェント紹介, フリーランスエンジニア

Copyright© スリーネクスト , 2020 All Rights Reserved.