プログラミング 設計

システム開発のプロジェクト管理にBacklogは不可欠

  1. HOME >
  2. 開発・基盤 >
  3. プログラミング >

システム開発のプロジェクト管理にBacklogは不可欠

概要

複数人でプロジェクトを開始するとき管理しないとプロジェクトがうまく進まくなります。プロジェクトの規模が大きくなればなるほど管理は複雑で難しくなります。

プロジェクトを進めていてよくわからなくなるのが「このタスクは誰がやっているのか」、「ここのタスクは誰が情報を把握しているのか」です。他にも多くの事象があり、複雑になります。

プロジェクト管理ツールBackLogの機能

プロジェクト管理ツールです。プロジェクトを円滑に進めるために必要です。

プロジェクトをうまく進めるためのツールで今のタスクは誰でどこに資料が保管されているのかログとしてまとめておくことができプロジェクトメンバーで有ればいつでも情報が共有されているツールになります。

BackLogの機能

  • タスクの状態と担当者一覧でタスク整理
  • ガントチャート 自動作成
  • 文書・ファイル管理
  • Wiki
  • Git統合
  • 設計ツールCacooとのシームレス連携

担当者ごとのタスク一覧とタスクの状態管理

担当者ごとにタスクを検索することができます。自分のタスクは何が残っているのかタスクを割り振った人の現状はどうなっているのか一覧で確認できるので非常に便利です。

タスクを作成する時に普通の「タスク」か、「課題」か、「バグ」かを洗濯して作成できます。そのおかげでバグを一覧で出力することができるので現状のバグを解決させたり、現状の課題はなんなのか明確にすることができます。タスクもどのように対応していけばいいのか優先順位を決めることができるので非常にわかりやすく作成することができます。

プロジェクトの進捗の見える化

タスクを登録する時にタスク開始日と終了予定日を入れるとガントチャートに自動的に登録されるようになっています。自分のタスクがどのぐらいなのか一眼でわかります。

そのタスクの中身にファイルを添付することができるのでタスクごとのドキュメントを共有できます。

Wiki

プロジェクトのWikiを作成することができます。決まり事やプロジェクトの概要を載せることでプロジェクトメンバーの情報共有が円滑に進みます。特に新規で参入してきたメンバーに見せるとキャッチアップも早く大変重宝します。

文書・ファイル管理

文章やファイル等をファイルサーバーのように管理することができます。プロジェクトごとにファイルを管理できるので非常に便利です。

Git統合

正直ほとんど利用している人は少ないと思います。GitHubで管理している開発者開発会社が多いです。

設計ツールCacooとのシームレス連携

Cacooというツールはこのバックログを開発した会社が出しているサービスですので相性はいいです。システム開発やマーケティング、デザイン設計する時にあると便利です。

プロジェクト管理がない時の進め方(エクセルとの対比)

一世代前はエクセルでプロジェクトを管理することが多く、プロジェクトを管理しているはずのエクセルのファイルが何処か行ったり、一人しか情報を持っていなかったりと情報共有がうなく言ってなかったことが多いです。

同時にファイルを開くと同時でファイルを変更できなかったり、とにエクセルはプロジェクトに特化していないため、管理には限界がありました。

BackLogを利用したほうがいい業種

プロジェクト管理が向いている業種

  • システム開発
  • デザイン
  • マーケティング
  • 製品開発

会社の仕事やベンチャービジネスを立ち上げると様々なプロジェクトが発生します。その管理をするためのツールですが特に、上記の業種で使うことが多いように思います。私自身フリーランスのエンジニアなので何度もバックログを利用する経験がありました。プロジェクト管理をする際非常に効率的で全員の情報共有は簡単にできたので非常に助かった経験があります。

チーム連携がしやすい

部署の垣根、場所の意識をしない管理

大きなプロジェクトを動かすと一つの部署で完結しないプロジェクトが発生します。例えば、マーケティング部がデザインを直して欲しい場合やシステムの機能を修正して欲しい場合に一つのツールであるバックログを利用していると情報の共有も簡単で依頼もしやすくなります。

リモートワークでも現状把握できる

離れた場所で仕事をするときはうまく情報共有できなかった場合は仕事になりません。そんなときはバックログがあれば自分の現状もわかるし相手にも自分の状況がわかりやすく伝わるので非常に便利です。

料金体系

料金に合わせて様々なプランが用意されています。最初はスタータープランから初めて必要に応じて増やしていくことがコスト面から考えるといいかと思います。

バックログ料金体系

BackLogのセキュリティ

プロジェクト管理が向いている業種

  • IP制限をかけられる
  • 2段階認証
  • 信頼性の高いデータセンター(AWS)

まずは無料体験

多くのSaaS型クラウドサービスと同様に「Backlog」も無料体験が可能です。
webサイトから登録するだけで30日間無料で使えます。まずは気軽に試してみることから始めてみてはいかがでしょうか。

「Backlog」トップページより「無料トライアイル」へアクセスしてみてください。

まとめ

プロジェクトを進めていく上で欠かせない管理ツールの一つですが最も使いやすいプロジェクト管理だと様々なツールを使っているひとの8割が行っています。私も非常に使いやすいツールだと思います。直感的でわかりやすい管理ができます。

私はシステム開発をする現場で何度もBacklogを利用してきました。情報共有をしながら仕事ができるので誰が何をしているのか。自分のタスクがどのぐらいあるのかわかりやすいということと進捗がひと目でわかるので大変便利でした

-プログラミング, 設計

© 2020 スリーネクスト