仮想通貨

仮想通貨 取引所・販売所 比較 リップルならこの2社で決まり

  1. HOME >
  2. ビジネス >
  3. 仮想通貨 >

仮想通貨 取引所・販売所 比較 リップルならこの2社で決まり

概要

仮想通貨の中でリップル(XRP)は主流となり始めています。そして、最近はどの取引所や販売所でもリップル(XRP)は取り扱い始めています。

特に今回はリップル(ripple)を取り扱っているこの2社のWebサイトについて比較し紹介したいと思います。

2社のリップル取扱い 販売所 Webサイトの比較


DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはどちらかというとレバレッジ取引がメインの取引所です。母体のDMMグループにはDMM FXというFX会社を保有していますので証拠金の取引は得意な分野になってきます。

OCO注文やIFD、IFOと言った複雑な注文もでき、中級者向けの方は複雑な注文方法で注文ができます。

また、初心者にも取引ができるよう成行注文や指値注文もできます。

会社の信頼性はDMM.comグループが母体のため企業にも安心感があります。

注意ポイント

リップルを購入する時の注意点は、現物取引は、ビットコイン、リップル、イーサリアムの3通貨のみです。
レバレッジ取引メインになるのでルールをしっかり確認して取引を行ってください。

デイトレーダーや短期売買をメインにされる方にとってはレバレッジがかかる方がむしろ資金を流用しやすいのでメリットは大きいです。

GMOコイン

即時入金機能があり、すぐに取引したい人はGMOコインがオススメです。
GMOグループはサーバーの会社もあるのでサーバーが強くダウンしにくいです。他の取引所ではサーバーダウンの可能性ありますがGMOのサーバーは落ちることはほとんどありません。(100%ではありません。)

両者のメリット

レバレッジ取引と言われるビットコインFX取引が可能です。
取引所でであるため手数料は安いです。DMM bitcoinでは現物取引は手数料無料です。ただし、レバレッジ取引は手数料を取られます。

iPhone、Androidのアプリもあり、どこでも取引ができます。

両サイトとも母体がしっかりしています。DMM Bitcoinは「DMMグループ」という誰もが知っている日本企業
GMOコインは東証一部上場企業の「GMOグループ」の日本企業ということで安心できる企業です。

手数料や機能の比較表

2社のWebサイトについての比較を以下の表にまとめました。
DMM BitcoinGMOコイン
入金手数料無料無料
取引手数料無料無料
送金手数料無料無料
出金手数料無料無料
現物取引可能可能
FX(レバレッジ)取引5倍10倍
取引形式取引所・レバレッジ販売所・取引所・レバレッジ

まとめ

他にも取引所や販売所もあるのですが安心感からいってリップル取扱取引所の比較はGMOコインとDMM Bitcoinで決まりです。

暗号資産(仮想通貨) 関連記事

別記事でも書いているので参照してください。


リップル
[基本]仮想通貨とは リップルとは (XRPとリップルの違い)

仮想通貨業界とは何か。仮想通貨の種類は何があるのか、リップルとは何か、リップルとXRPの違いは何かという基本中の基本の話とリップルが値段が上がっていくであろう予想もチラリと見せながら説明しています。

続きを見る

-仮想通貨

© 2020 スリーネクスト