フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアのキャリアプラン

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >

フリーランスエンジニアのキャリアプラン

概要

会社員のキャリアプランというのは継続していき、係長から課長、部長、執行役員というように出世していく道があります。

それに対してフリーランスエンジニアのキャリアプランを大きく4種類に分けて説明していこうと思います。

フリーランスエンジニアと言われても具体的に何をやっているのか、今後どのように生計を立てて生活しているのか多岐にわたっています。

全部のフリーランスのキャリアをすべて記事にできないので大きく4つに分類して記事を書いてます。様々な働き方が選択できるフリーランスエンジニアは非常に魅力的です。

フリーランスエンジニアのキャリアプラン

  1. 企業常駐型のフリーランス
  2. クラウドソーシング
  3. 自分で仕事
  4. サービス立ち上げ


キャリアプラン 1. 企業常駐型のフリーランス

フリーランス用のエージェント登録し、仕事を得るという方法で、正社員・派遣社員と近い働き方になります。
例えばフューチャリズムのようなエージェントに登録します。

登録したエージェントにスキルシートをわたし自分の経歴に合った仕事を紹介してもらいます。紹介してもらった会社に常駐する形態での仕事になります。そこで社員の方の指示に従って開発をしていきます。働き方はSESや派遣社員とほぼ変わリません。

企業常駐型フリーランスのデメリットは常に企業にいて何時から何時まで拘束されていることになるのでフリーランスの特権の自由に働くということはできません。

大きなメリットは単価が非常に多いことです。

仕事内容はSESや派遣社員とほぼ変わらないですが単価がびっくりするぐらい高いです。また現在のところ人手不足ということもあって仕事は途絶えることはありません。

キャリアプラン 2. クラウドソーシング

クラウドソーシングとはWeb上のサービスを使って、仕事の応募をしている企業から仕事を取得することで報酬を得ます。

代表的なサービスを提供している会社はランサーズCrowdWorksです。この2社がクラウドソーシングの大手トップ2です。まず、ランサーズCrowdWorksに登録し、仕事を獲得します。

ココに注意


単価は激安です。ただ、うまく立ち振る舞えば月額100万円は超えるという話を聞きますが最初から月100万円になることはないと思います。

最初は月1万円2万円の世界なので会社員からいきなりクラウドソーシングの世界に行くのはオススメしません。

私の進める手順は企業常駐案件に入って週3日働きながら空いた時間でクラウドソーシングに移行していき安定したら完全移行という形でもいいと思います。

キャリアプラン 3. アフィリエイト

アフィリエイトにも大きく以下の種類に分かれます。

  • ブログ
  • サイト
  • SNS
  • Youtuber
上記のアフィリエイトではWeb上で商品を販売します。

商品についてはアフィリエイトASPと呼ばれるサイトから指定の商品をWeb上で販売することで報酬を得ることができます。

アフィリエイトのデメリットはいきなり商品が売れるということはありません。2ヶ月3ヶ月は無給で働く覚悟が必要です。クラウドソーシングしながら空いた時間にアフィリエイトサイトを成長させていくことがいいかと思います。

キャリアプラン 4. サービス立上げ

こちらは新しい事業を立ち上げるということです。Webサービスやアプリのサービスを立ち上げることになるので初期投資が必要になり、商品が売れるまでも時間がかかるかと思います。ただ、当たれば収益が大きいと思います。

ここの段階では起業をして会社として信用のある立場で行動することになります。サービスを提供するが個人であると信用度が下がります。起業の知識がない場合はこちらをクリック

まとめ

キャリアプランについて説明してきましたが具体的にどのような順番が適切なのかということです。フリーランスエンジニアのキャリアプランの順番は以下のように進めていくのがいいと思います。

1 ⇨ 2 ⇨ 3 ⇨ 4

もちろん、いきなりサービス立ち上げるこ選択肢もありですし、いきなりアフィリエイトやyoutuberをやっても問題ないと思います。ただ、リスクは高いです。

システムエンジニアランキング 仮想通貨ランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ

-フリーランスエンジニア

Copyright© スリーネクスト , 2020 All Rights Reserved.