ITインフラ

CentOS8リリースと Virtualboxインストール

  1. HOME >
  2. 開発・基盤 >
  3. ITインフラ >

CentOS8リリースと Virtualboxインストール

概要

Centos8が2019年9月25日にリリースされました。

新しいリリースまで時間がかかりましたが、Centos7から脱却しました。CentOS7がリリースされたのが2014年06月09日なので5年ぶりのリリースになります。

今回はバーチャルボックスでCentOS8をインストールする方法を案内します。

インストールから起動までの流れ

・CentOS8ダウンロード
・Virtualboxのダウンロード
・VirtualboxにCentOS8をインストール
・起動とVBoxGuestAdditionの追加

CentOS8の取得

以下の画像をクリックするとCentoOS8のダウンロードページに行きます。

遷移するとどのリンクでも同じものがダウンロードできるようになっています。


ダウンロードを行ってください。

VirtualBoxのインストール

以下の画像をクリックするとバーチャルボックスのダウンロードページに行きます。

WindowsとMacそれぞれのOSに合わせたファイルをダウンロードし、インストールまで実施してください。

VirtualboxにCentOS8をインストール

VirtualBoxを起動させ、新規をクリック
名前とオペレーティングシステムを選択

名前は自由に記載してください。

今回はわかりやすく「CentOS8」と記載してください。

タイプとバージョンについては

タイプ:Linux
バージョン:Red Hat(64-bit)

メモリは最低4GBで設定してください

ハードディスクは仮想ハードディスクを作成します。

VDI形式の可変で作成してください。

作成した「CentOS8」を選んでダブルクリックしてください。

ディスクを選択する画面になったら先ほどダウンロードしたCentOS8のファイルを選択してください。

起動とVBoxGuestAdditionのインストール

GuestAddtionsとは

GuestAddtionsはOSを非常に使いやすい状態にしてくれるソフトウェアです。
具体的に何ができるのかと言うと以下の通りです。

  • シームレスなマウス操作
  • 共有フォルダー
  • デスクップ解像度の変更
  • シームレスなウィンドウサイズの変更
  • ホストとの時刻の同期
  • クリップボードの共有
  • オートログオン

GuestAddtionsのインストール手順

VirtualBoxにインストールしたCentOS8を起動させてコマンドラインを起動させます。
そのままGuestAddtionをインストールするとエラーになってしまいます。
GuestAddtionを入れるためのモジュールが足りないことが原因です。
まず、足りないモジュールをインストールするので以下のコマンドを実行してください。

$ sudo dnf install epel-release
$ sudo dnf install kernel-devel kernel-headers gcc gcc-c++ dkms bzip2

CentoOS8の大きく変わったところはyumでのインストールではなくdnfのインストールになります。

VirtualBoxのメニューを選択し、一番下のメニューにGuestAdditionsを選択してください。するとインストールを実行することができ、再起動すると反映された状態で起動することができます。


-ITインフラ

© 2020 スリーネクスト