ワークスタイル

フリーランス 起業家におすすめ コワーキングスペース バーチャルオフィス

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. ワークスタイル >

フリーランス 起業家におすすめ コワーキングスペース バーチャルオフィス

概要

フリーランスや起業家は自宅で仕事をすることが多いです。ついついテレビを見てしまったり、面白い動画を見てしまっり集中もできずに遊んでしまう人が多いです。

他にも会社の住所が田舎すぎて異業種交流会で名刺交換しても、ちょっと恥ずかしいとか、住所は信用でもあるので東京都千代田区、港区、新宿区、渋谷区、品川区あたりでないときびしいかなと思うことがあります。


起業家やフリーランスのおすすめオフィス

A君
自分に合ったコワーキングスペースで作業をしたい。

数が多すぎてどこのコワーキングスペースに決めればいいかわからない。
Aさん

B君
できるだけ家から近いコワーキングスペースで自分の条件に合ったコワーキングスペースを選択したい。

地方で自然の多いところで働きたい
Bさん

A君
コワーキングスペース、シェアオフィス、レンタルオフィス、バーチャルオフィス、サテライトオフィスの違いがわからない

小規模オフィスの種類

コワーキングスペース

利用者同士が交流を図り、コミュニティの形成することでビジネスを発展させるためのサポートをするスペースです。人脈を広げたい人向き、新しいサービスを立ち上げて人脈が欲しい人向きです。

シェアオフィス・レンタルオフィス

作業の場を提供しビジネスをサポートします。小規模企業で作業をしたい人向けです。人脈というより作業をしたい人向きです。会議室も共同で利用できますので会議には予約が必要になります。

作業スペースも共同になるので特定の場所というものはありません。

レンタルオフィス

シェアオフィスとにていますが違いは、作業スペースは専用のスペースが用意されているということでエス。

バーチャルオフィス

起業する時に住所が必要になります。その時に自宅ではなく会社としての住所が欲しい時、住所を借りることができます。郵便の場所としても利用できますのでバーチャルオフィス宛に物が届けることも可能です。

実際に場所を利用するわけではないので専用の作業スペースも共同の作業スペースもありません。

おすすめのコワーキングスペース条件

おすすめのコワーキングスペースを決める条件は以下の3つが大切です。

  • 自身が主に活動する場所の近く
  • 家の近く
  • 会員が多く有意義な交流会定期的にされている

自身が主に活動する場所の近く

起業してお付き合いのある会社が近くにある場合や打ち合わせがある場合は取引先やメインで活動する何かの近くにいた方がビジネスとして活動しやすいです。

家の近く

メインで活動することがないのであれば自宅の近くがおすすめです。移動時間を極力少なくし、すぐに作業に取り掛かれることから作業に集中できやすいです。

会員が多く有意義な交流会定期的にされている

フリーランスや起業家や人脈が必要になります。ただ、意味のない交流会もあるので、選定が必要ですがコワーキングスペースの交流会は何度も同じ人がいることが多く人脈を形成しやすいので選定するには非常にいい要素です。

おすすめコワーキングスペース BIZcomfort

BIZcomfortは全国に拠点を持っていてかつ値段が安いというところがおすすめポイントです。

月額18,000円で全国どこでも利用可能なプランになっています。1拠点で月額6,000円〜ですが高いところでは月額16,000円する場所もあるので全拠点プランにした方が利点は高いです。

家の近くや活動拠点の近くにあることが望ましいですが、全員が全員近くにあるとは限りませんが全国にあるというのは安心感があります。

おすすめバーチャルオフィス

もし、ワーキングスペース が必要としないのであればバーチャルオフィスで十分です。

ナレッジソサエティは東京都千代田区に住所があります。バーチャルオフィスとして利用すると法人登記ができ、住所としての価値は高いです。

コワーキング 比較サイト

ハブスペという自分に合ったコワーキングスペースを検索することができるWebサービスです。

利点は高額プランから安いプランを検索できます。BIZcomfortほどの安さはありませんが有名なコワーキングスペースが多く登録されているので自分に合った活動場所や家の近くにあるkもしれません。

まとめ

コワーキングスペースは起業する人やビジネスを展開したいフリーランスの方向けです。お金がある人はWeWorkのような高級なコワーキングスペースへいくことも可能ですが起業仕立てで売り上げもあまりない人にとってはかなり高額だと思うのでBIZcomfortあたりから利用することをおすすめします。

-ワークスタイル

© 2020 スリーネクスト