Webビジネス

フリーランスエンジニアのクラウドソーシングとしての働き方

  1. HOME >
  2. ビジネス >
  3. Webビジネス >

フリーランスエンジニアのクラウドソーシングとしての働き方

クラウドソーシングとは

私はフリーランスエンジニアなので仕事を受注する立場で書いています。

Webサイトに登録されている仕事を受注し、納品までをWebサイト上で完結することができます。

発注する側の立場から書くとWebに登録している不特定多数の人々に業務委託する雇用形態のことです。

クラウドソーシングの現状

クラウドソーシングの問題点は値段が安すぎるということです。

最初の印象としては内職としてはいいと思いますがこれで生計を立てるのはよほど知恵が必要になります。そのため、私自身は単価の安さになかなか始めることができていないです。どの作業も公開されているのは安い作業ばかりで行動することをためらいます。

ただ、安い仕事をこなしていき信用をつけていくと継続案件を紹介してもらうこともあり、値段のしっかりした案件を受けることができます。クラウドソーシングでまず、安い案件を受けてから信頼を得て仕事につなげるということはまさにフリーランスエンジニアとしてやりがいを感じると思います。

最近ではやり方によっては月に100万円以上稼げる人もいるようです。フリーランスエンジニア向けにシステム開発のお仕事も豊富に登録されています。今回紹介する代表的なクラウドソーシング会社は以下の通りです。

クラウドソーシング会社

ランサーズ

国内最大級のクラウドソーシング事業を行なっています。クラウドソーシングのパイオニアとして仕事の量もかなり多いです。

ライティングやデザインの仕事を探している人も多く登録しています。エンジニアとしての仕事も多くシステム開発の案件は途絶えることはありません。

この中でクラウドソーシングをスタートさせてみてはいかがでしょうか。しかもフリーランスの企業常駐案件も多々あります。

クラウドワークス

ランサーズに続いて2番目に大きなクラウドソーシングの会社です。案件は豊富にあります。ライティングやデザインの仕事を探している人も多く登録しています。

システム開発のクラウドソーシング案件も非常に多いのでみてみてはいかがでしょうかランサーズ同様にフリーランスエンジニアのための常駐案件もあります。

クラウドテックというバックボーンも大きいと思います。

Bizseek

手数料が安いです。システム案件はちょっと少ないかもしれませんがライティング業務は豊富にあると思います。システムについてのライティングをするのはいいかもしれません。

Yahooクラウドソーシング

単価は若干低めですが続けていくことで単価を上げていくことも可能です。

フリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングを考える

クラウドソーシングという働き方はフリーランスエンジニアにとってはいい働き方になって欲しいです。

今現在は、単価が安すぎて二の足を踏んでしまいますが、徐々にランサーズやクラウドワークスを中心に修正していく流れになってきているので今後は改善していくのではないかと考えています。

フリーランスエンジニアにとっては将来性のある働き方ではあるので最初のうちに動いておくのもいいと思います。


-Webビジネス

© 2020 スリーネクスト