ワークスタイル

エンジニアが突然原因不明の体調不良になった時の対処法と準備すること

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. ワークスタイル >

エンジニアが突然原因不明の体調不良になった時の対処法と準備すること

概要

フリーランス エンジニアは常に健康を目指すことが重要です。しかし、長い人生で健康に気を使っていても体調が崩れることもあります。普通の風邪ならいいですが原因のわからない今までと違う体調の場合どうすればいいか混乱します。

その時にどのように対応すればいいか記事にしています。

健康状態から急転直下で体調が崩れる

風邪や花粉症と違い、原因不明の体調不良はある日突然現れます。体調不良の原因は前から積もり積もってようやく来るのですが、結果は突然現れます。定期検診は非常に重要になります。

自分がどのような症状で、どのように回復させるのかロードマップを用意する必要があります。

原因不明で病院に行くとき注意点

原因不明の体調不良になったら病院に行くべきです。そしてすぐに治す必要があります。しかし、原因がわからないとどこの科にいけばいいかわかりません。そんな時は健康診断を受けることです。わからないと見当違いの専門の医者にかかってもこんな回答が返ってきます。

医者はカウンセラーではない

病院に行って原因がわからない場合、医者は病状がわからない人に対しては非常に冷たい人が多いです。専門外の病気だった場合は医者は簡単に見放します。それでもなんとかお願いすると精神内科を進めてきます。まず、症状のわからない病気に向き合ってくれる医者はいません。

医者は忙しいことが多いですし、心配性の人が受診してきてその専門分野では健康で終わるケースがあるからです。自分の専門分野の病気でなければどうすることもできないし相談に乗る時間は医者にはありません。ここで揉めても誰も得しないので素直に引き下がることが正しい選択です。

40代 一人暮らし 男性の死亡率

60代、70代の老人の方達より40代の一人暮らし男性の死亡率の方が高いです。栄養をしっかり取ることができないし、部屋が汚くバイキンが入る可能性が高いので死ぬ可能性が高いです。

この人が一番気を付けて病気について考える必要がある人たちです。

症状の原因がわかるまで探す方法

症状をインターネットで検索して見つける

自分の症状をどうなのかできるだけ詳細に分析し検索します。GoogleやYahooで検索すると症状が出てくることが多いです。もし出てこない場合は根気よく探す必要があります。それでも見つけられない場合は下に紹介している手段に切り替えましょう。

様々な病院の様々な専門科に受診すること

ある程度自分の症状と専門医を検索で絞って受診することをお勧めしますがわからない場合はそれっぽいところを狙って受診します。ただ、見当違いの病院を受診した場合は健康です。健康ではないにもかかわらず、問題ありませんと言われるケースがあります。

迷わず別の病院に行くことが必要です。

有料健康診断を受診

体調不良の場合、特に、自分の症状がわからない場合は健康診断を受診することが重要です。

まとめ

フリーランス エンジニアだけでなく、エンジニア全般に言えるのですが原因不明の体調不良は突然やってくるので前もってどうしないといけないか考えておく必要があります。突然のことに備えて最低でも300万円は蓄えておくと突然の体調不良の対応もできます。


-ワークスタイル

© 2020 スリーネクスト