リップル 投資・税金

リップル ( ripple ) のレバレッジ取引について

  1. HOME >
  2. 投資・税金 >
  3. リップル >

リップル ( ripple ) のレバレッジ取引について

概要

仮想通貨の証拠金取引についての説明と仮想通貨の証拠金取引を取り扱っている販売所を紹介します。私はリップルに特化しているのでリップル を例に説明していきます。

DMM bitcoinのリップルの取引

仮想通貨の証拠金取引ができる販売所はDMM Bitcoinです。そこではリップル を取り扱っています。しかしリップル注文については現物の取引ができません。レバレッジ取引(証拠金取引)のみになります。
実際にリップルの保有をしていないため国際送金ができません。

レバレッジ取引とはそれは少ない金額で大きな取引をすることができます。これは大きな利益を取れる一方大きな損失が出てしまうかもしれないハイリスクハイリターン取引になります。証拠金を使った取引です。

証拠金という担保金のようなものを預けて大きな売買をするためのものです。


現物取引

1リップル 40円の時に10,000リップルを買うと40万円します。

1リップル 50円になると10,000リップルなので50万円になります。

40万円が50万円になります。
利益率は25%です。

(ブルー)レバレッジ取引
1リップル 40円の時に10,000リップルを買うと4万円で取引をすることができます。

1リップル 50円になると10,000リップルなので14万円になります。

4万円を元に14万円になりました。
利益率は250%です。

リターンも大きければリスクも大きいということです。

レバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引です。

今回は大げさに100万円が0円になる例を書いたのですが本来は、ロスカットというシステムが働いて、ある程度損失が出たら自動的に決済してしまう処理が働きます。

放置しておくと、マイナスの借金ができてしまうので投資家を守るために作られたルールです。

レバレッジ取引は売り注文から始めることができる。

レバレッジ取引は現物での取引ではなく証拠金の取引になるので売りから注文することができます。耳慣れないかもしれないですが何も持っていないのに売りができます。

売り注文から始めると何ができるかというとリップルの値段が上がった時に損失が出て、リップルの値段が下がったときに利益が出ます。逆の動きになります。

売りから入るので決済するときは買い戻すということで買い決済になります。初心者は複雑で使いづらいですが慣れると売り注文をすることもあると思います。

慣れるといっても売り注文ができるようになるにはかなりの玄人になっているはずですが・・・
売り注文ももちろんレバレッジ取引なので少額で大きな金額を動かしているのでその分ハイリスクハイリターンは同じです。

値段が上がったとき利益が出るのか損失が出るのかの違いだけです。

リップル レバレッジ取引の用語

単語説明
ロングポジション買い注文で保有したリップル(仮想通貨)
ショートポジション売り注文で持ったリップル(仮想通貨)

レバレッジ取引に向いている取引はデイトレード

デイトレードを本格的にするのであればレバレッジ取引が向いています。売りや買いの売買量も活発に増やせるほか、手数料が安く小回りがきくところがデイトレードに向いているポイントです。

さらにポジションを持っていない段階から売り注文を出すことができます。

つまり、仮想通貨の値段が下がると思ったら売り注文をだせばいいのです。売り注文を出すと値段が下がれば下がるほど利益が出る方法を選択できるのがレバレッジ取引の強みです。

仮想通貨は値動きが比較的に大きく時には一気に上がったり下がったりすることがあります。

その機会を見計らっての売買も現物で実施すると実際に手元に現金がなくて手が出せない場合もあります。レバレッジ取引であれば小さい金額でも大きな金額を動かせるので機会を喪失することはありません。

ただし、十分に気をつけて欲しいのは損失が出た時も同様にレバレッジが効いているので大きな損失として跳ね返ってきます。

逆に値段が下がった時も同様に現物でも、レバレッジ取引でも−10万円となります。

ロスカット機能

ロスカット機能は損失が出過ぎないように途中でポジションを強制的に決済する機能です。DMMの仮想通貨の場合は証拠金維持率の80%以下になると強制的に決済されます。

上記のレバレッジ取引で-6万円になるところロスカットが途中で働き決済されるので実際はマイナスになることはありません。

会社の信用性

DMMがレバレッジ取引をできるのはFXも取り扱っているからこのような取引ができます。
DMMの組織は大きくて簡単には倒産しないという安心感があります。

システムエンジニアランキング 仮想通貨ランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webエンジニアへ

-リップル, 投資・税金

Copyright© スリーネクスト , 2020 All Rights Reserved.