プログラミング ITインフラ 新技術

Flare Networksのノードのセットアップとバリデータ

Flare Networksのノードのセットアップとバリデータ

概要

フリーランスエンジニア スリーネクスト

Flare Networksのノードを起動する手順を案内しています。

ノードを起動してからどのようにして収益を得るのか記載していく予定です。

サーバーサイドエンジニアとしての知識が必要になってきます。

暗号資産FlareのValidatorの仕組み

バリデーション概念

Validatorがネットワーク上でどのように機能するのかその概要をご紹介します

英語版Underlying Chain Miners as Validators on Flare
日本語版暗号資産FlareValidatorの仕組み

必要なアプリかデータ

Flare NodeGitLab Flare Nodeリポジトリ Go言語で実装されています。
Flare Nodeインストール手順Flare Nodeのシェルスクリプトでインストール実行と手順案内のページ
PostmanPostmanのダウンロードページ
Postman設定ページPostmanの設定ページ

開発環境構築 Youtube映像

Virtualboxを使用したローカルでのFlareノードのセットアップ

動画

仮想マシンを使ってコンピュータ上のFlareノードをローカルに実行し、MetaMaskを使って接続します(以下のダウンロードリンク)。

動画に必要なアプリかデータ

VirtualboxVirtual Boxのダウンロードページです。
UbuntuUbuntu20.04 のダウンロードページページ
Flare NodeGitLab リポジトリ
Flare Nodeインストール手順Flare Nodeのシェルスクリプトでインストール実行と手順案内のページ
PostmanPostmanのダウンロードページ

AWS環境でノード起動

動画

AWS上でFlare Nodeをセットアップし、Postmanを使ってAPIコールを実行し、MetaMaskで接続する方法をできるだけ早く紹介しています。

Chapters

0:00 Introduction
0:40 Register AWS Account
1:34 Flare Network Documentation
3:30 EC2 Server Setup
15:30 Attach Elastic IP to Node
17:17 Connect (SSH) to Node
22:23 Install Go version 1.14.3
22:56 Set up GOPATH
30:20 Install NodeJS
32:50 Install Yarn
33:19 Install JSON Parser (JQ)
33:48 Install cURL
34:10 Install Build Essentials
34:50 Flare Nodeインストール
35:59 Add XRP API's to Bash Profile
38:21 Start Flare Node Server
40:50 Download Postman
41:14 Configure Postman
45:30 Make API call's with Postman
47:27 Get NodeID (with Postman)
48:47 Connect to Node on MetaMask
54:28 Stopping Node & Starting with --existing flag

動画に必要なアプリかデータ

Flare NodeGitLab リポジトリ
PostmanPostmanのダウンロードページ
Postman設定ページPostmanの設定ページ

サーバースペック

CPU2GHz
メモリ4GB
ハードディスク20GB
OSUbuntu 18.04
Go言語version 1.15.5
NodeJSversion 10.24.0.
Yarnversion 1.22.10.
その他ソフトウェア cURL
gcc
jq

Flare Node Daemonの構成

Flareノードのセットアップに関する前回のビデオ(https://youtu.be/NPvu6xJ7tsk)のフォローアップ - Flareノードを何があっても稼働させ続けるためのデーモンのセットアップ方法を紹介します。サーバーが再起動しても、Flareノードも起動します。

Flare Node ブリッジゲーム

動画

Chapters

0:00 Introduction
0:55 Bridge Overview
5:00 Configure Bridge
13:18 Run Bridge Script
17:37 Check Bridge Wins

XRPLのテスト方法 - Flare Networkのバリデータがパフォーマンスを向上させる

このビデオでは、Flare StateConnectorシステムを使用して、XRPL - Flare Networkバリデータ・ブリッジを「ベンチマーク」する方法をご紹介します。

注意:オリジナルのxrpl APIはまもなくアップグレードされる予定です(ビデオを投稿した直後にアナウンスされました)ので、以下のデフォルトを使用している場合は変更してください。

export XRP_APIs="https://xrpl.flare.network:443/,https://xrpl-1.flare.network:443/, https://xrplcluster.com/"

サーバー

おすすめサーバープラン

GMOクラウドのV8プランかプランV12がおすすめ

GMO-VPSの価格表

Amazon Web Service(AWS)やGoogle Cloud Platform(GCP)の10分の1ぐらいのコストで済みます

DockerのNode起動

Flare Linux ノードをDocker起動できる仕組み作ってます。

検証中のWebサイト

The XRPLF UNLフレアでバリデータと見なされ報酬を得るためには、XRPLノードがXRPL財団のUNL上にあることが必要
xrplcluster検証中
ノードコンフィギュレーター検証中

-プログラミング, ITインフラ, 新技術

© 2021 スリーネクスト