エージェント紹介

おすすめフリーランスエージェントフォスターフリーランスと市場の流れ

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. エージェント紹介 >

おすすめフリーランスエージェントフォスターフリーランスと市場の流れ

概要

そしてフリーランスエンジニアの仕事は減っているどころか増えてきています。そんな中でおすすめのエージェントを紹介します。

それはフォスターフリーランスです。フリーランスエンジニアのエージェント業界として早くから活動していたので実績が多く有料案件を多く保持しています。

フリーランスエージェント業界

フリーランスエンジニアの働き方でエージェントに属して仕事を紹介してもらう働き方があります。企業に出向してそこでシステムを作成し比較的高額な報酬をもらいます。

エージェント自体は数十社、数百社とあり、どこの企業と提携しているか特徴はそれぞれです。2020年の現状ではエンジニアが不足しており、エンジニアがいればお金を出せる状況なのでどのエージェントも利益を出しています。

エンジニアの立場として、どのエージェントがいいのかどこがあっているのか見た目ではよくわかりません。今回おすすめのフォスターフリーランスも一見どこがいいのかわからないので解説していこうと思います。

フォスターフリーランス の特徴

フォスターフリーランス
東証1部上場企業の豆蔵ホールディングが運営しているフリーランスのエージェントです。フリーランスエージェントとしての事業は黎明期から初めており案件数も多く、実績も多いのが特徴です。

フォスターフリーランスに登録するメリット

老舗ゆえに案件数が多い

上記のように東証一部上場企業の豆蔵グループというシステム会社の大手企業が親会社として存在しているので信用のある

直受け案件が多い

案件の中には中間マージンをとって仕事を何もせず利益を出そうとする会社があります。2次受け、3次受けといった仕事の紹介方法です。

しかし、フォスターフリーランス は企業から直接仕事を請け負うことが多いので複雑なやりとりをすることが少ないです。スムーズに仕事を進めることができるので安心です。

週5日案件が多くガッツリ稼ぐことができる

月曜日から金曜日までの週5日働いて稼ぐことができます。一般のサラリーマンとは違い、報酬額も70万円、80万円はよくある案件数になります。比較的大企業の仕事が多く、がんばれば1、2年続く案件も多くあります。

年収1000万円を越すことは容易にできます。エンジニア年収1000万円は憧れることではないでしょうか

フォスターフリーランス に登録するデメリット

週3日案件が少ない

週3日働いて残りの日数で他に作業をしたい場合やあまりたくさん働きたくない人の働き方です。これはフォスターフリーランスでは非常に案件として少ないです。

リモート案件が少ない

コロナの時代なので、以前よりもリモート案件が増えてきたのでフォスターフリーランス の案件としても増えてきていますが一時的な措置のため本来であればリモート案件ではなく直接会社にいき働くことがメインです。

実際に要件を聞きたい時は会社にいた方がわかりやすいので会社に出向いた方がやりやすいです。

コロナ時代のIT仕事事情

2020年3月4月から本格的に新型コロナウィルスが日本に猛威を奮ってきており、経済界にも非常に大きな影響を与えました。

ITエンジニアはリモートで仕事をすることで影響は少ないです。そして、景気が悪くなってきたと言われていますが実はIT業界は好調のまま継続しています。飲食店や旅行、エンターテイメント業界には打撃がありますが直接人が関わることがなければむしろいい結果につながってきています。

35歳定年説から50歳定年説へ

一昔前までエンジニアの定年は35歳と言われていました。実際、フリーランスになる人の多くは30歳を超えています。そして、40代でも活躍されるエンジニアの方が多く私も40代で働いています。

50代のエンジニアを積極的に採用しようとしている会社もありますが、圧倒的に多いのが25歳から50歳までです。50歳以降のシニアエンジニアもあるので安心してください。

求められるフリーランスエンジニア

求められるフリーランスエンジニアは大企業と中小企業で違います。大企業であれば開発スピードやコードの安定性、テストコードを書いてパフォーマンスを上げることと詳細設計がきちんとできるかです。
中小企業になると要件定義や基本設計の能力も求められてきます。どのようにシステムをつくるのか、セキュリティに問題はないのかを要件として落とし込めるかどうかが求められます。

どちらにも共通するのがコミュニケーション能力が必要になります。エンジニアはコミュニケーション能力がないとか言われますが、ある程度コミュニケーション能力が必要になります。

相手に正確に伝えたり聞き取る能力がないとシステムが機能しないのでしっかりとしたコミュニケーションは必要になります。

フォスターフリーランスへ申込市仕事を受注するまでの流れ

step
1
こちらをクリックしてフォスターフリーランス のページへ移動

step
2
会員登録をする


フォスターフリーランス のホームページに移動すると簡単60秒まずは無料会員登録ボタンを押して必要事項を記入します。

step
3
連絡を待つ


メールか電話でフォスターフリーランス から連絡があります。その時に面談への案内がされるので面談の日程を決めてください。(まだ仕事の紹介ではないです。)

step
4
フォスターフリーランス の方と面談


フォスターフリーランス の方から会ってお話をします。税金の話や今までやってきたことを聞かれますので答えてください。あった仕事があればその場で紹介されることもあります。

step
5
仕事紹介


メールや電話で企業の紹介があります。気に入った仕事があれば随時応募すると面談まで行くことがあります。

step
5
面談


企業から何をやってきたのか、会社がやりたいことが実現可能かどうか質問されます。スキルマッチと人物像のマッチがあれば採用されます。

step
5
開始


採用されれば仕事開始になります。

まとめ

フォスターフリーランス だけで仕事紹介してもらうという方法はリスクが高いので一つのエージェントだけでなく複数のエージェントに登録することをおすすめします。


システム設計
フリーランスエンジニアエージェント比較 現役がおすすめ14社 2021

フリーランスエンジニアのエージェント14社を厳選比較しています。どのエージェントが自分に合っているのか判断材料をわかりやすくまとめました。また、仕事を途切れさせないコツ等の情報を現役のフリーランスエンジニアが解説しています。

続きを見る

-エージェント紹介

© 2020 スリーネクスト