エージェント紹介

(裏テク)フリーランスの案件紹介されやすいスキルシートの書く方法

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. エージェント紹介 >

(裏テク)フリーランスの案件紹介されやすいスキルシートの書く方法

概要

企業常駐のフリーランスエンジニアはエージェントを通して案件を受注するにはススキルシートが必須です。

今回は案件が紹介されやすいスキルシートをどのように書いていくか紹介していきます。

スキルシートの必要性

案件の面談に行くためにはスキルシートをしっかり書く必要があります。

企業の方もスキルシートが判断基準になるため、スキルシートの書き方が悪ければこの企業にとってスキルマッチしているのかどうか判断できません。

そのため、スキルシートはわかりやすく書く必要があります。

ココに注意

スキルシートの内容は等身大であることです。

謙虚にスキルをできることもできないと書いても相手にいいイメージは残らないので面談まで行かないですし、いいように見せすぎると実際に働くときにいいように見せすぎたことを求められ、対応できなくなる可能性もあります。

スキルシートはフリーランスエンジニアにとっては必要不可欠なものになります。

今回はスキルシートを書く技術についてではなくスキルシートを書く技術を手に入れる方法を紹介したいと思います。

スキルシートをブラッシュアップする手順(裏テク)

step
1
エージェントに登録する。


step
2
エージェントに面談する。


step
3
スキルシートを要求されます。


step
4
スキルシートのフォーマットをもらい書いてから診断してもらう。

上記のステップを3社程度繰り返していくとスキルシートが洗練されていくと思います。

エージェントの方もできるだけ多くのエンジニアを派遣して利益を出すために仕事をしているのでエンジニアのスキルシートを修正してわかりやすく伝えられるようにアドバイスは当然してくれるわけです。利害関係は一致しています。

そのため、エージェントの方の協力を得ながらスキルシートを洗練させるのがいいと思います。

おすすめフリーランス エージェント

まず、エージェントに登録することが重要です。具体的にどのエージェントに登録するのがいいか上げてみます。

エミリーエンジニア はじめてのフリーランスなら、担当者が一気通貫でサポートします。一押しです。

フューチャリズム スキルアップと高単価案件ならここです。いきなり高単価案件多いところに行った方がスキルアップは早いです

BTCエージェントforエンジニア フリーランスエンジニアへの案件紹介 初心者にも丁寧対応


いいスキルシートを完成させて案件参加してください。

最近のフリーランスエンジニアの傾向

最近のフリーランスエンジニアは未経験で学校に通えば仕事があるようです。

エンジニアの場合、フリーランスといってもドラマのドクターXに出てくる主人公の大門未知子のようにスキルが高い人というイメージはないので参入しやすい時代になっています。

誰もが最初から高いスキルを持っているわけではないですから勉強に勉強を重ねてスキルを磨いていきながら仕事の幅を広げていくことができます。

それに、今の時代は新しい技術がどんどん出てきているのでほとんどのエンジニアが初めてのことをすることばかりだと思います。比較的、初級者と上級者での差は大きく開いていないイメージです。

-エージェント紹介

© 2020 スリーネクスト