仮想通貨

GMOコインでリップル(XRP)を購入することをおすすめする理由

  1. HOME >
  2. ビジネス >
  3. 仮想通貨 >

GMOコインでリップル(XRP)を購入することをおすすめする理由

概要

リップル(XRP)を購入検討されている方はGMOコインをおすすめしています。

GMOコインは暗号資産(仮想通貨)取引所です。通貨の取扱い種類が多く、取引所、販売所、FXとしての機能も保有していて機能が充実しています。

リップル(XRP)購入検討中に思う「ふ」とした疑問

B君
取引所が多いけどGMOコインはその中で何がいいの?

リップル を購入したいけどどこの取引所で購入したらいいかわからない
Bさん

お二人の悩みを解決できるよう説明していきます。

GMOコインをおすすめする理由

理由1 手数料が無料な取引が多い

入出金手数料は無料です。

取引手数料については以下の表をご覧ください。

販売所取引所
(現物取引)
取引所
(レバレッジ取引)
仮想通貨FX
注文手数料(※1)無料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料無料
ロスカット手数料(※2)--建玉ごとに0.5%無料
レバレッジ手数料(※3)--建玉ごとに
0.04% / 日
無料
現引き/現渡し手数料(※4)--建玉ごとに
0.04% / 日
-

※1)注文受注時に手数料相当額が取引余力から拘束され、約定すると手数料が発生します。なお、Maker、Takerの定義など詳細についてはこちらよりご参照ください。

※2)ロスカット注文が発動された場合、「建玉レート × 建玉数量 × 0.5%」の手数料が発生します。

※3)毎営業日(祝日を含む)日本時間朝6:00時点の建玉保有状況を基準に判定します。日本時間朝6:00をまたいで建玉を保有した場合、当取引日の終値から計算した評価額に対し、建玉ごとに0.04%/日の手数料が発生します。

※4)受渡し時に、「建玉レート × 建玉数量 × 20%」の手数料が発生します。なお、現引き/現渡しの詳細についてはこちらよりご確認ください。

理由2 トレード機能が豊富

GMOコインは取引ツールも充実しています。

仮想通貨ウォレット

GMOコインのスマホ版のアプリです。
高性能チャートによる分析も実際の売買や資産管理までひとつのアプリでできます。『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』では、暗号通貨(仮想通貨)の取引(販売所、取引所、レバレッジ取引)、日本円の入出金、口座情報の確認・更新、仮想通貨の預入・送付、お客さまへのお知らせなど、暗号通貨(仮想通貨)取引のために必要な機能やさらに、チャートの移動平均線やMACD、ボリンジャーバンド等の様々なインジケータによるテクニカル分析も可能です。

仮想通貨ウォレット

WebTrader

Webブラウザで利用できる高機能トレードツールです。レバレッジ取引に特化しています。WindowsやMacでも利用ができるツールです。注文方法は成行、指値、逆指値を選択できます。

高性能チャートでMACDやストキャスティクス等の様々なインジケータを選択することができます。また、歩値や気配値(板)等のデイトレードやスキャルピング取引を主体とするトレーダーにとって重要な機能もあります。

WebTrader

理由3 レバレッジ取引で注文方法が豊富

GMOコインは仮想通貨FXをするためのツールも用意されています。
その名は [ビットレ君] です。

直感的で使いやすく注文方法も豊富です。

  • スピード注文
  • 成行注文
  • 通常注文(指値注文)
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFDOCO注文

注文方法の詳しいことについてはビットレ君のページをご覧ください。

ビットレ君

利用できる通貨は以下の通り

  • リップル/円(XRP/JPY)
  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)

大手企業が親会社で信頼性が高い

GMOコインはGMOグループという東証一部上場企業を親会社にしており信頼性が高い企業です。また、GMOグループにはGMOクリック証券があり、金融の経験も豊富です。

GMOコインのデメリット

販売所のスプレッドが広い

取引が多く値動きが大きいときはスプレッドが広がってしまいます。

規制がかかりやすい

買い注文が殺到したり、売り注文が殺到した場合は取引できなくなる時があります。時間を待って取引をするよう心がけましょう。

GMOコイン取扱通貨

2020年4月現在、取扱っている通貨は以下表の8種類です。ベーシックアテンショントークンという珍しい通貨もありますし、リップル(XRP)といった有名な通貨の取扱いもあります。
各通貨の詳細についてはリンクをクリックするとでてくるのでご確認ください。

取扱通貨は徐々に増えている

去年の12月以前は取り扱い通貨は5種類でした。2020年4月現在では取引通貨は8種類です。わずか4、5ヶ月で3通貨増えています。

ちなみに去年の2019年12月にはネムとステラルーメンの2通貨が増えました。

さらに、2020年3月にはベーシックアテンショントークンが1通貨増えています。

今後も取扱い通貨が増えていく可能性もあるので幅広い通貨を売買できることも期待できます。

まとめ

他社と比べて大きな利点があるとかGMOコインでないといけないというわけではありません。

しかし、取引所、販売所、仮想通貨FXと様々な取引手段を保有しておりさらに取引通貨も8種類あるということは様々な取引をすることができますので、リップルの購入も取引所でもFXでも購入できます。

さらに、リップル以外の通貨に興味を持った時は自由に他の通貨を選択できるところがGMOコインの利点です。

GMOコイン

-仮想通貨

© 2020 スリーネクスト