Webマーケティング

Webマーケティングの解析ツール Googleアナリティクス

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. Webマーケティング >

Webマーケティングの解析ツール Googleアナリティクス

概要

Webマーケティングをする時に必須の解析ツールがGoogle Analyticsです。

実際にWebのアクセス解析によく使う項目とその項目を使ったWeb改善方法を記事にしています。

Googleアナリティクスとは


GoogleアナリティクスはWebサイトのアクセスを解析するためのツールです。

解析したいWebの全ページのHTML内にGoogleアナリティクスが発行するタグを埋め込むと解析することができます。

料金は無料ですが有料のバージョンもあります。Webマーケティングのプロからアフィリエイターまで幅広く利用されているツールです。

Googleアナリティクスで解析によく使う項目一覧

  • インプレッション数
    運営しているWebサイトがGoogleの検索結果ページに表示された回数です。ただ、表示されただけの回数です。Webサイトにアクセスしていません。
  • ページビュー数
    運営しているWebサイトにアクセスしてきた回数です。
  • セッション数
    運営しているWebサイトに入ってきて複数ページ閲覧して離脱するまでを1セッションと定義しています。
  • ユーザー数
    Webサイトに来たユーザーの数です。1日の間にどのページを何回見てもユーザー数は1だけしかカウントしません。
  • CV数
    誓約数です。コンバージョンタグを別に設定してそこに到達したら1コンバージョンです。ECサイトであれば注文後のページに設定することが一般的です。
  • 閲覧ページ
    人気のページがどこなのかがわかります。
  • SNS流入
    FacebookやTwitterからWebサイトへどのぐらいのアクセスがあったのかの数を計測できます。
  • 直帰率
    Webサイトに来たけど目的が違ったのかすぐに帰ってしまった人の割合です。
  • 離脱率
    Webサイトに来てから複数ページみて出て行った人の割合です。
  • 検索ページ
    どのページに訪問したのかURIが表示されます。
  • 地域
    どの地域で見られているのか、東京から見たのか大阪から見たのか福岡から見たのかどこで見たのかわかります。
  • リアルタイム
    今の現在アクセスしている人の数を計測できます。アクセスが少ない時は基本0です。

Googleアナリティクスの改善案

ページビューによる改善

アクセスが少ないのであればSEO対策を強化しようという発想になります。

流入させたいキーワードを設定し、アクセスさせたいページにキーワードを配分していくことでサイトの検索順位を上げてアクセスを増やすという改善策です。

他にもSNSから運営しているWebサイトに向けて流入させる施作を打ちます。

ユーザー数による改善

ユーザー数が多いほど見ている人が多いということです。ページビューと同様にSEO対策で流入させることで増えます。

また、ページビューが多くユーザー数が少ないと一人のユーザーが多くのページを見てくれたということになります。一人のユーザーが多くのページを見るといことはサイトのコンテンツに興味を持ってもらったということになります。

直帰率・離脱率による改善

離脱率が高いページについてはコンテンツを見直すことが必要になります。ユーザーを飽きさせるコンテンツなのか、ページスピードが遅くてストレスがかかっているのか検討する必要があります。

直帰率についてはキーワードとサイトコンテンツが一致していない。求めているものと内容が全然違う可能性があります。キーワードやデスクリプションとサイトの中身を確認して改善する必要があります。

CV率による改善

例えばお問合せや注文完了がコンバージョンだと仮定してコンバージョン率が低ければフォームがわかりづらくて離脱したのか、書きたくない項目が必須だったのか再検討が必要になります。

Step Up SEO 費用対効果に特化した「SEOコンサルティング」サービス

Googleアナリティクスの新機能

GoogleAnalyticsは2009年から始めていますが今と昔では基本同じですが新しい機能が増えていて楽しいです。

進化したのはデータポータルやBigQuery連携、ReportingAPI、EmbedAPIといった新しい機能が出てきています。

最近ではFirebaseアナリティクスというモバイルのアクセス解析をする機能まで増えていて将来さらに機能が増えていくので楽しみにしています。

その他アクセス解析

サイトカタリスト

Adobeのサイトカタリストが有名です。利用ユーザーは大規模企業が多いです。

Googleアナリティクスよりも機能が多く複雑です。私のターゲットが小規模企業なのであまり見る機会がありません。

SEO対策をWebマーケティングのプロに任せる

アクセス解析やWebマーケティングは本業の方に任せて本業に力を入れると本業がうまくいくという話を聞きます。

「全部やってしまうとどれも中途半端になってしまう」という方はプロに任せてみてはいかがでしょうか。自分で解析するよりも豊富な知識で解析してもらったほうが効率よく改善してもらえます。


-Webマーケティング

© 2020 スリーネクスト