リップル(XRP)

暗号資産(仮想通貨)のビットコインFX(証拠金取引)自動取引で利益

  1. HOME >
  2. 仮想通貨 >
  3. リップル(XRP) >

暗号資産(仮想通貨)のビットコインFX(証拠金取引)自動取引で利益

概要

ビットコインFX(証拠金取引)を利用してシステムを使い自動取引することで資産を増やすことが出来るシステムの紹介です。

ビットコインの自動売買について思うこと

A君
ビットコインは一攫千金できる

ビットコインは新しいからまだあやしい
C君

Cさん
ビットコインはハイリスクハイリターン

ビットコインの投資をするには専門用語や知識をある程度勉強しないといけない
B君

Bitflyerという信頼


BitFlyerの口座での自動売買になるのでBitFlyerの口座を保有していない場合は口座開設する必要があります。

BitFlyerは日本の暗号資産(仮想通貨)の取引所としては古くからあり信頼性のある会社です。

レバレッジ取引による自動売買

自動売買は仮想通貨の知識が最初になくても取引が容易にできます。もし、今後本格的に仮想通貨の勉強をしたいのであればこの自動売買の動きを見ながら仮想通貨とは何か勉強していくことで知識を高めていくことができるのではないでしょうか

空売りもできる

FX取引なので何もない状態から売りから入ることができます。相場が下がると判断したら売りから入り下がった時にも利益を上げることが可能です。

AI(人工知能)による資産増減

AIを搭載していると日々データが蓄積され精度が上がっていくことになります。そうなると利益が出やすくなります。人間が手動で売買をするとどのタイミングでやるのか自分で分析する必要がありますがほとんど当たりません。

全ての投資に言えますが本当に儲かっているのは10人に1人ぐらいしか勝利している人はいません。

しかし、自動売買でAIを搭載していれば客観的なデータを元に自動で売買されるのでそこまで悪い成績にはなりません。

ビットコインの未来

ビットコインは将来性は高いです。最近ではPaypalが

Honey Beeのメリットとデメリット

AI搭載自動売買システム

Honey Bee 自動売買のメリット

AI(人工知能)が売買するので相場をずっと見ている必要はありません。また、人工知能を持って運用するので徐々に勝率が上がっていくので次第に利益が出てくる可能性があります。

利益を元に勉強し、さらに自分でも新たな投資をすることでさらに利益を上げられる可能性が出てきます。

Honey Bee 自動売買のデメリット

自動売買をしたからと言って確実に儲かるということはありません。Honey Beeを使うのはあくまで自己責任です。

もちろん、今まで利益を上げて来られた方が大勢いらっしゃるので実績がありますので十分下調べして購入することをおすすめします。

他のサイトを探してもマイナスなことはあまりないというぐらいしっかりした実績を持っています。

Honey Beeの価格と価値

システムの価格は540,000円(税込)です。この自動売買ツールの値段はなかなか高額のものになります。

システムは買い切りのため月額で費用がかかることはありません。そして、日々AIは進化していくので性能は上がっていきます。

先ほども記載しましたがビットコインは今後も発展していくので落ちることはないですし、証券と違いまだ安定していないことから上がっていくことが容易で想像できます。

今初めて将来も利用できるのであれば割安の商品になるでしょう

まとめ

Honey Beeで自動売買する時は自己責任です。販売元は大きな企業というわけではないのですが実際に使ってみるのはいいと思います。

もちろん、資金に余裕がある人にのみおすすめしています。借金して買ったりはしないようにしてください。


-リップル(XRP)

© 2020 スリーネクスト