ワークスタイル

仕事効率を上げる持ち運びモニターのおすすめモバイルディスプレイ

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. ワークスタイル >

仕事効率を上げる持ち運びモニターのおすすめモバイルディスプレイ

概要

新型コロナウィルスの発生からリモートでの働き方が増えました。特にエンジニアの場合はリモートによる働き方が増えました。

コワーキングスペースでも持ち運びが簡単なモバイルディスプレイ(モニター)があります。

大型ディスプレイからモバイルディスプレイへ

A君
ディスプレイは大きい方がいい

最近外出多いからモニターは持ち運びたい
Aさん

B君
ノートパソコンのモニター1つは作業しづらい

そんな便利なディスプレイは世の中にあります。

持ち運び型モバイルモニターの利用用途

ワーキフィケーション

地方に行ってWifi環境で仕事をするWorkificationが企業の中で流行ってきています。

ノートパソコンとWi-Fi環境があれば今はどこでも仕事ができます。ノートパソコンの画面一つで十分と言う人は別として画面が2つ以上あった方が仕事の効率が上がると思っている人はモバイルディスプレイを検討することをお勧めします。

リモートワーク

リモートなのに家やカフェ弟子後藤する人が増えています。セキュリティの問題でカフェで仕事をできない大企業の方もいますが中小企業ではまだまだカフェでの仕事があります。

カフェで画面を2つで仕事をしている人はかなりかっこいいように移ります。

コワーキングスペース

コワーキングスペースが最近増えてきてノートパソコンの普及とともに気軽に移動して適当な椅子やソファーに座って作業をすることができます。特にフリーランスの方で利用する人が多いです。

Type-C 電源供給

USB-type-c PD(Power Delivery)

画面をノートパソコンにつなげる時はディスプレイに電源入れて、ノートパソコンにも電源入れてというようにコードがたくさんあるのが今まででしたが、最近、USB Type-cを利用するとノートパソコンから電源供給と映像出力の2つの機能を両方使えるので
ケーブルは1本で済みます。

そのため持ち運びが簡単になって普及してきています。

おすすめのモバイルディスプレイ

おすすめのモバイルディスプレイは電源供給と映像出力は1本で完結するUSB-TypeーCのものといままで通りの電源供給は電源+HDMIケーブルの2本どちらでも対応しています。

1位 15.6インチ 4Kのおすすめモバイルモニタ

2位 17.3インチ FullHDのおすすめモバイルモニタ

3位 15.6インチ FullHDのお勧めモバイルモニタ

4位 13.3インチ FullHDのお勧めモバイルモニタ

まとめ

モバイルディスプレイはノートパソコンと接続する時はType-Cケーブル1本で電源供給と映像出力ができます。手軽に持ち運びができるので外出時に仕事をする必要があるのであればモバイルディスプレイの持ち運びはおすすめです。

-ワークスタイル

© 2020 スリーネクスト