ITインフラ プログラミングスクール

完全無料+上京支援ネットワークエンジニア ネットビジョンアカデミー

  1. HOME >
  2. 開発・基盤 >
  3. ITインフラ >

完全無料+上京支援ネットワークエンジニア ネットビジョンアカデミー

概要

ネットビジョンアカデミーはネットワークエンジニア(インフラエンジニア)というITにとって基盤となる部分を担う専門職への就職支援サービスです。

専門性があり、人手不足で需要のある職種です。第2新卒やフリーター等30歳までの方を中心に募集しています。完全無料のサービスかつ+上京支援までやってくれます。

ネットビジョンアカデミーというエンジニアスクールの特徴

ネットビジョンアカデミー

プログラミングスクールは多くありますがネットビジョンアカデミーはネットワークエンジニアを養成する専用のスクールになります。プログラマーではありません。

就職、転職を希望する人に対して完全無料で勉強させてくれます。地方にいて東京に上京したい人のための上京支援までしてくれるので私が20代で東京に上京したい状態であれば間違いなく応募しています。

それだけ充実したサービスです。

ネットビジョンアカデミーのメリット

ネットビジョンNo1

講師が全員ネットワーク(インフラ)エンジニア経験者

机上の空論と実際に経験して学んできた人とでは考え方がまるで違います。経験のない知識人は美しい理想を語りますが経験者は実際に発生するトラブルや泥臭い単純作業をしていくことを教えてくれます。共感を得るのは美しい理想ですが重要なのは実際の経験談です。

その実際の経験談から何を学ぶのかが今後重要になってきます。

ネットワーク(インフラ)エンジニアの重要資格CCNA取得支援

CCNAはCisco Certified Network Associateの略で世界最大手のネットワーク関連機器メーカーのシスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニアの試験です。CiscoルータやCatalystスイッチの技術についてや基礎的なネットワーク技術を持っているという証明になります。

CCNAは基本的な技術力があるということなのでその上の技術試験CCNP等もあるので上を目指したい人は卒業後に取得することでさらに自分の価値を高めることができます。

ネットワークエンジニアの学習費用は完全無料

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)として学習するための費用や料金は一切発生しません。もちろん、スクールに通っている時の生活費は自分で拠出する必要ありますが、テキスト代や授業料、その他学習にかかる費用は一切無料です。ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)スクールがなぜ無料で運営できるかというと就職先の企業から紹介料をもらうことによって可能にしています。

インフラエンジニアとしての上京支援の内容

地方出身者で東京に上京したい人にとってはかなり良いサービスです。シェアハウス最大3ヶ月間無料で借りることができます。九州や関西等の地方に住んでいる人が東京で仕事を見つけたい時にはすごく便利です。就職支援も手厚いのでスムーズに賃貸に移行することも可能です。

地方から東京に上京すると自分を逃げにくくすることで覚悟がより強い状態で仕事を続けることができるので気持ちの弱い人には良いと思います。著者である私も逃げられない状況であったため今でも東京で仕事をしています。

ネットビジョンアカデミーのデメリット

ネットワークエンジニアというのはIT業界以外の方からするとなんの仕事かよくわからないです。

専門知識も必要で勉強する必要があります。技術も次々と新しくなり勉強し続ける必要があります。勉強嫌いの人にとっては向かない職業です。

ネットワーク(インフラ)エンジニアの未来

ネットワークエンジニアは手に職のついた専門職で人手不足と言われる分野になります。しかも、高収入の職と言われており将来的に年収1,000万円も現実的に狙える職種です。

今後、不況になっていくと言われている中でも比較的に求人があり、素人にはかんたんになれないので自分を守るためには非常に重要な能力を身につけられます。

ネットワーク(インフラ)エンジニアの就職支援

就職に対するアドバイスを担当者がしてくれます。自分の経験や生徒の今まで生きてきたことをどのように生かせるのか一緒に考えてくれます。また、就職面接の練習も実施してくれるので事前の対策がバッチリできます。

ネットワーク(インフラ)エンジニアとしての就職先

こちらの画像に載っている会社は既にネットビジョンアカデミーの就職先としての実績があります。今までの学歴に自信がない人もここまでの大手に就職することが可能です。チャレンジすることが重要なので自分の一度しかない人生を変えてみてはいかがでしょうか
ネットビジョンアカデミーの就職先

フリーランスのインフラエンジニアになると

正社員何年か経験してから辞めてフリーランスになるという選択肢があります。自分の力を発揮することができる場所です。今まで会社に面倒見てもらっていたのですがフリーランスになると全て自己責任になります。仕事ができなければすぐに契約を解除されます。

しかし、今の時代は人手不足なのでなかなか契約花序になることは少ないです。また、メリットとしては非常に収入がいいです。

例としてCiscoのネットワークエンジニアとして官公庁から仕事の依頼が来たら月額単価60万円〜70万円程度の報酬を得ることができます。また最新のAWSやGCPといった最近のインフラ技術は80万円〜100万円までもらえる案件も豊富にあります。

まとめ

ネットワーク(インフラ)エンジニアは専門職として非常に有効な職業の一つです。社会インフラの一つなので職がなくなるということはありません。また上を目指せば1000万円以上稼ぐことも夢でなく普通に可能です。

エンジニアスクール
プログラミングスクール比較 2020後半 現役エンジニアのおすすめ

現在のプログラミングスクールが複数あり、他社と何が違うのか差別化している部分を徹底的に比較してわかりやすく分類しています。自分にどこのプログラミングスクールが合っているのかを現役のエンジニアの視点で判断材料を集めました。

続きを見る

-ITインフラ, プログラミングスクール

© 2020 スリーネクスト