Webマーケティング

GoogleOptimizeのABテストで売上につなげる効果計測

ABテスト

概要

アフィリエイトしていて、バナーの位置や文言の違いによって成果が変わります。

どちらの方がどのぐらい変わってくるのか検証したい場合ABテストをします。そのABテストをする方法について記事にしてます。

ABテストとは

画像が違う場合や文言が違う場合等何かと比較してどちらがどのぐらいKPI(最重要指数)を上げることができるのか検証することです。

期間やどのページにと言うのはあらかじめ設定しておく必要があります。

具体例を2つ用意しました。

  • 文言の違いによるコンバージョン率の比較
  • 画像の違いによるコンバージョン率の比較

具体的に以下の通りです。

文言の違いによるコンバージョン率の比較

ABテストカレーバージョンA
画像は同じだがセールスコピーの文言に違いがありどちらの方が購入につながるのか調査したい

画像の違いによるコンバージョン率の比較

ABテストカレー2
セールスコピーの文言は同じだが画像に違いがありどちらの方が購入につながるか調査したい

Google Optimizeによる計測

Google Optimize

ABテストでできること

Google OptimizeはABテストをするのに最適なツールです。

元のサイトのソースコード変更する必要ない

上記の2つのパターンについてはGoogleオプティマイズで測定可能です。しかも元のHTMLを変更することなくオプティマイズ上でHTMLの変更をすることで対応が可能です。

通常のABテストはソースコードを2種類用意してしばらく経って入れ替えると言う手間がかかっていましたが、Optimizeでソースコードを持って実際に画面に反映される時はOptimizeを通して画面に反映されます。

計測の種類

ABテストで計測できる項目が以下3点です。

  • セッション時間
  • ページビュー数
  • 直帰数

ABテスト以外のテスト

ABテスト以外にも以下のようなテストができます。

  • 多変量テスト
  • リダイレクトテスト

上記のテストについて簡単に説明します。

多変量テスト

ABテストをより多くのパターンで作成することです。複雑なので何が正しいのかはしっかり定義して進める必要があります。

リダイレクトテスト

リダイレクト テストは A/B テストの一種で、異なるウェブページを相互に比較する際に使用します。リダイレクト テストの各パターンは、それぞれ異なる URL を持ちます。複数の異なるランディング ページを比較する場合や、ページデザインの抜本的な変更を行った場合に便利なテストです。

Googleアナリティクスとの連携

GoogleオプティマイズはGoogleアナリティクスと連携することで結果をGoogleアナリティクスでも確認することができます。Googleの解析ツールは連携していた方がいいです。

Googleタグマネージャでタグ管理

Googleタグマネージャには以下のタグを入れておくと十分な計測ができます。またGoogleタグマネージャ使わないとさまざまなタグが混在するので複雑になってしまいます。

あまり入れすぎるとサイトスピードに影響するのでほどほどに入れるのが望ましいです。
  • Googleアナリティクスのユニバーサルアナリティクス
  • Googleアナリティクス GA4
  • Googleオプティマイズ
  • Microsoft Crality

まとめ

ABテストはマーケティングの要素では非常に重要ですが手間がかかるのと正しい方法を知らない人が多いためあまりできませんでした。

今回のページが参考になればABテストは増えてくるのでよりいいWebサイトが増えてくること期待します。

-Webマーケティング

© 2021 スリーネクスト