新技術

感性型ロボット ペッパーを学ぶ理由

  1. HOME >
  2. 開発・基盤 >
  3. 新技術 >

感性型ロボット ペッパーを学ぶ理由

概要

人型ロボットのペッパーを学習する理由は感性型ロボットに未来を感じているからです。

感性型ロボットについて思うこと

AIやブロックチェーン、IoTといった技術は未来には普及していると予想します。

そこでなぜ感性型ロボットがいいのかというと人に寄り添い、人と一緒に暮らせるということです。

Bさん
ロボットってまだまだ未来の話じゃないの

社会で活躍するのはまだ先かもしれないけど研究開発はもう進んでるよ
Cさん

A君
もうそんな時代なんですね

人と寄り添うロボット

現在は人が苦手、人と一緒にいるのが疲れるといった人も多いです。

人と一緒にいるのが苦手でも寂しさを感じます。

そんな時にロボットが寄り添ってくれると寂しさが紛れます。

それにインターネットに繋がっているので様々なサービスも提供できるようになります。

今の社会問題に大変ニーズがあ流にも関わらず、技術者も少ないし、ビジネスアイデアが出にくそうで出てきそうな感じがしているからです。

センサーを多く持つ

主にセンサーを使ったロボット操作で未来を感じる。

パソコンやスマートフォンとの大きな違いがセンサーがついているかどうかということになります。

例えば、ソフトバンクのペッパーこれはセンサーだらけの人型ロボットです。(声が可愛い)

概ね以下のセンサーがペッパーにはあります。

ペッパーのセンサー

  • ジャイロセンサー
  • 3Dレーザーカメラ
  • 3Dセンサー
  • レーザーセンサー
  • バンパーセンサー
  • 赤外線センサー
  • ソナーセンサー

「下町ロケット」という高視聴率だったドラマでも農業ロボットが登場してきました。そこでも多くのセンサーが使われてきています。

何かが近くにあると止ったり、自動でカーブを曲がったりする制御です。

まだ、農業ロボットのセンサーは一つのセンサーしか目立っていなかったですがセンサーには多くの種類あるのでこれらの組み合わせをすることで大きく未来を広げていくことも可能です。

今後のロボット開発

最近の20代前半の若者たちが相次いでロボットで起業をしようとしているのが注目されています。

ロボットにAIを埋め込むプロジェクトやロボットで広告をしようとしているプロジェクトありますが、これらのビジネスは非常に興味があります。

まとめ

ロボット業界は伸びていきす。

まだ、アーリーアダプターと言われる先見的な目で見ている人しかいないです。

私もロボットに関わっていきたいと考えてます。

-新技術

© 2020 スリーネクスト