エンジニアスクール

未経験からフリーランスになるエンジニアスクールCOACHTECH

未経験からフリーランスになるエンジニアスクールCOACHTECH

概要

フリーランスエンジニア スリーネクスト

未経験からフリーランスエンジニアになれるエンジニアスクールCOACHTECH(コーチテック)の紹介です。コーチングというカウンセリングを週1回受けてモチベーションを継続的に維持しながら勉強ができます。

他にも通常のエンジニアスクールと違うのは未経験から就職や転職だけでなくフリーランスや起業といった幅広い労働形態が選択できます。

COACHTECH(コーチテック)の特徴

COACHTECH(コーチテック)-エンジニアスクール

COACHTECH(コーチテック)について

コーチングを受けながらエンジニアになるための勉強をするエンジニアスクールです。プログラミングで挫折する理由はモチベーションが続かないことが多いです。しかし、常にモチベーションを保ちながら勉強を進めてくれるので挫折することはありません。

コーチングとは

コーチングとは相手の話に耳を傾け、観察や質問、ときに提案などをして相手の内面にある答えを引き出す目標達成の手法のことです。

コーチ (Coach)という言葉の語源は馬車です。

その時代の馬車の役割は、大切な人を望む場所まで送り届けることでした。コーチ (Coach)から派生して生まれたコーチングは、人の目標達成を支援するという意味で使われています。

COACHTECH(コーチテック)をおすすめ対象者

  • 未経験からフリーランスエンジニアになりたい
  • すでにITエンジニアだけどさらに知識を深めたい
  • 過去にプログラミングの勉強を挫折した
  • 高額エンジニアスクールは選択できない
  • 研修でエンジニアスクールを使いたい企業・法人

COACHTECH(コーチテック)は学習計画を一緒に考える

ITエンジニアを目指す方法がわからない人にはCOACHTECH(コーチテック)のトレーナーは具体的ににエンジニアに目指すかプランを作成してくれます。

人それぞれ学習スピードは違います。自分に合ったペースで学習が進んでいくので状況によってプランを変更し、最短でエンジニアを目指してくれます。

プログラミングを学習する人の9割が途中で脱落しますがモチベーションを維持できるので継続して勉強が可能です。

COACHTECH(コーチテック)は毎週トレーナーと面談して1週間で生まれた悩みだったり不安を解消してくれ、目的地に辿り着かせてくれます。

そもそもコーチングとは目標達成をサポートするものです。モチベーションの維持や目標への道を示し、様々なサポートができます。

COACHTECH(コーチテック)が目指しているエンジニアスクールはこちらです。

コーチング + プログラミング学習

初心者が短期間でWebアプリケーションを作る技術が身につく

簡単なWebアプリケーションを作れるようになります。

簡単なHTMLからJavascript、VueJSといったフロントエンドやPHPのLaravelといったバックエンドを触れます。

COACHTECH(コーチテック)卒業後の選択肢

エンジニアスクールといえば就職・転職がメインですがCOACHTECH(コーチテック)は就職や転職だけでなく、フリーランスや起業家になる道も選択ができます。COACHTECH(コーチテック)が最も得意とするのがフリーランスとして働くという選択肢です。

フリーランスエンジニア

クラウドソーシングや企業からの受注を取得できる方法を教えてもらえます。フリーランスで活躍してきたエンジニアがプログラミングはもちろん集客や収益の方法を教えてくれます。

起業家エンジニア

新しいサービスを立ち上げや経営に関するノウハウはもちろん財務についてのアドバイスもCOACHTECH(コーチテック)なら対応できます。新規ビジネスとエンジニアの両方の能力を取得できます。

会社員エンジニア

人材紹介会社と提携してはいませんがコーチングがしっかりフォローしてくれます。どこかの企業と提携していないのでフラットでどの企業もいけます。

COACHTECH(コーチテック)で習得する仕事の取得方法

フリーランスや起業の方に対して、クラウドソーシングの受注方法や別の案件の取得方法をコーチングしてもらえます。

プログラミングやエンジニアの知識も当然必要ですが就職とは違い自分の力で仕事を取ることが必要です。仕事を取得する方法まで教えてもらえる数少ないエンジニアスクールです。

クラウドソーシングで高収入取得

クラウドソーシングの単価はどこも激安です。発注者は安いのでいいが、あまり利益にならないので受注をしたくないです。COACHTECH(コーチテック)はクラウドソーシングで稼ぎ出す手法をお伝えできます。

プログラミングだけでなくビジネスの方法についてまでコーチングしてもらえるのが他のエンジニアスクールにない強みです。

仕事の受注方法

独自の案件の取得方法を得れます。就職・転職を主体とするエンジニアスクールが多い中フリーランスを主体とするエンジニアスクールは非常に貴重な存在です。

COACHTECH(コーチテック)の料金体系

■フリーランスコース5ヶ月プラン
税込 440,000円(税抜 400,000円)
■フリーランスコース7ヶ月プラン
税込 550,000円(税抜 500,000円)

COACHTECH(コーチテック)で習得できるスキル

サーバーサイド

PHP

Laravel

PHPはエンジニアが多く案件も多いプログラミング言語で、PHPの中で今最も人気のあるフレームワークLaravelを学習できます。

WordPress

世界で最も利用されているCMSになります。クラウドソーシングでは非常に多くの案件があります。

MySQL

データベースです。昔からある有名なオープンソースです。データベースの知識がないとWebシステムは作れないので必須のスキルになります。

Linuxコマンドライン

Linuxコマンドはエンジニアとしてサーバーに触れられます。OSの操作方法を知る必要があるのでまずOSを動かすための知識を身につけられます。

Firebase

FireStoreというNoSQLや堅牢な認証システムFirebase Authentication、プッシュ通知、Webサーバ等フロントエンドから直接呼べるサービスを多く揃えている新しい技術です。

Netlify/Heroku

レンタルサーバーではない小規模のWebサイトを運用するサーバーです。

フロントエンド

Vue.js

Vue.jsはフロントエンド のJavascriptフレームワークで人気のあります。現在はReactとAngularというフレームワークもありますが最も人気があるのがVueです。
大企業も多く利用されているので需要は増える技術です。

HTML/CSS/Javascript/jQuery

HTMLやCSSはWebサイトの基本です。これらの知識を知った上でプログラミング言語を学んでいきます。必須のスキルです。

Figma

画面の仕様を俯瞰的に複数人で共有できるツールです。縮小すると全体が見え画面遷移図としてみることができ、拡大すると画面の細かな仕様がわかる画面仕様がわかります。複数人で閲覧できるのでリモートの時に複数人で会話しながら仕様を詰めていけるので便利です。実際の現場で多々使われています。どちらかというと設計段階のツールです。

その他

プログラミングのコードや設定を履歴で管理できるツールです。世界中の開発者が使っている超有名なツールです。この操作方法がわからないとエンジニアと言えないというレベルです。この知識は身に付きます。

COACHTECH(コーチテック)概要

COACHTECH(コーチテック)の基本情報

プログラミング言語PHP,vuejs
就職サポート
就職率非公開
営業曜日
対応時間 24時間
学習方法オンライン
対応方法個別指導
チャットサポート
講師現役エンジニア

COACHTECH(コーチテック)の企業情報

会社名株式会社estra
サービス名COACHTECH(コーチテック)
代表取締役福場 凜太郎
設立日2019年11月
資本金10,009,000円
本社オフィス〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-4 第7瑞穂ビル 4階

COACHTECH(コーチテック)のTwitter情報

COACHTECH(コーチテック)の申込手順

step
1
COACHTECH(コーチテック)から登録


こちらをクリックしてページの下の方に申込みフォームがあるので申込みお願いいたします。

step
2
無料説明会


RUNTEQ(ランテック)の説明会で以下を実施

  • 学習のきっかけ、目的のヒアリング
  • サービスの紹介
  • カリキュラムの提案
  • 質疑応答

step
3
申込み


Webで申し込みをする

step
4
必要書類ご返送・ご入金


必要書類を送っていただき入金します。

step
5
アカウント発行受講開始


入学開始です。

ITエンジニア、プログラマー市場

2020年で大きな景気減退の要因であるコロナウィルスによるパンデミックが発生しました。それにも関わらずエンジニアの人手不足は解消されていません。まだまだ必要とされていますので今後需要は高い状態が続きます。エンジニアの求人倍率は7倍以上。2030年には、約79万人?IT人材不足が予想されています。高い技術さえ 身につけられ、今後のキャリアに困らなくなり、その先に無数のキャリアパスを選べます。

また、エンジニアの平均年収は550万円です。これは国内全体平均年収と比較すると100万円程度高いです。過去5年間?推移を見ても、550万円を超える高い水準をキープしているため、非常 に安定した職業と言えます。フリーランスエンジニアになるとさらに平均800万円になります。富裕層とまではいかないまでもお金に困らなくなります。

エンジニアスクールにいく理由

エンジニアスクールはプログラミングの勉強をする時間を短縮するためです。独学で勉強をするよりも適切な方向を示してもらいながら教えてもらうので圧倒的に短い時間でプログラミングを習得できます。

まとめ

習得できるスキルを上記で様々な技術を紹介しましたが、すべて習得できるようになるには数年かかります。この中で最低限の知識を習得し、Webアプリケーションを作れるようにするための術を身に付けてもらいます。


-エンジニアスクール
-,

© 2021 スリーネクスト