エンジニアスクール

Ruby特化型Webエンジニア|エンジニアスクールRUNTEQ

Ruby特化型Webエンジニア|エンジニアスクールRUNTEQ

概要

フリーランスエンジニア スリーネクスト

RUNTEQ(ランテック)はWebエンジニアになりたい人のためのエンジニアスクールです。プログラミング言語をRuby on Railsに特化することで目指す道を特化させわかりやすい目標を示すことのできるスクールです。

Runteq(ランテック)の特徴

Ruby on Railsに特化している

Runteq(ランテック)はWebエンジニアになりたい人のためのスクールです。特にプログラミング言語はRuby on Railsに特化しており、ベンチャー企業や中規模企業に人気のある開発言語になるので比較的若い人たちが多い場所での就職が可能になります。

就業先はベンチャー系企業が多い

Ruby on RailsがあればWebエンジニアのベンチャー系企業が多いです。ベンチャーになると作業領域はプログラミングだけでなく要件定義もしくは自分でこのようなサービスをしたいという意見も取り入れてくれる会社が多いです。

大企業では作業範囲が限られていますがベンチャーや中規模企業であれば自分の裁量で仕事ができることが多いです。

困った時に何でも相談できるバディ制度

学習計画表の作成、進捗サポート
月2回のオンライン面談で技術、学習方法、就活に関する相談ができる
その他にも同期や現役エンジニアと交流できる活発なコミュニティ、Web業界について知ることのできるオンラインイベントも開催しています

参加条件

  • 東京で就職可能であること
  • Webマスターコース以外は事前に勉強していること
  • 一括で受領料を支払えること

エンジニアスクールの就職支援

就職支援の内容

転職活動スタートする時にどのような手順で臨むのかサポートします

step
1
自己分析


step
2
ポートフォリオ作成


step
3
書類添削


step
4
会社探しサポート


step
5
提携企業の紹介


step
6
模擬面接

本人が希望する企業への就職をサポート

受講生が望む進路に進んで欲しいと考えています。本人が希望しない企業を紹介したり無理に就職活動をしません。

RUNTEQ(ランテック)の3つの料金体系と事前学習

RUNTEQ(ランテック)には3つのコースが用意されており料金体系がそれぞれ異なります。また、難易度も変わってくるので事前学習をする必要があるコースと完全初心者でも入れるプランがありますのでそれぞれ解説していきます。

Railsエンジニアコース

327,800円(税込)

独学である程度学習できる方向けに、開発現場で自走するための実践的な内容が学べるコースです。

申込資格
Railsの基礎を網羅的に学習した方

コース内容
事前学習:200時間
就職サポート:あり
受講期間:最大6ヶ月
受講時間:約780時間

Railsマスターコース

382,800円(税込)

プログラミングの初歩的な内容を事前学習された方向けに、基礎から実践まで網羅的に学習できるコースです。

申込資格
HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方

コース内容
事前学習:約100時間
就職サポート:あり
受講期間:8ヶ月
受講時間:約900時間

Webマスターコース

437,800円(税込)

プログラミング完全初心者向けにWebサービスの仕組みから実践的な内容まで着実に身につけていきたい人向けです。

申込資格
プログラミング完全初心者の方

コース内容
就職サポート:あり
受講期間:最大9ヶ月
受講時間:約1,000時間

エンジニアスクール利用に向けて

ランテック

RUNTEQ(ランテック)の基本情報

プログラミング言語Ruby on Rails
就職サポート
就職率非公開
営業曜日Rails-月、火、木、金、土 Vue-月、火、木、金
対応時間 平日 11:00 ~ 22:00
土曜 10:00 ~ 18:00
学習方法オンライン
対応方法個別指導
チャットサポートZoomやDiscord
講師現役エンジニア

口コミ評判

生徒はやりがいをもって取り組んでいます。

コミュニティもあり仲もいいです。

YoutubeでのRUNTEQ(ランテック)紹介

プログラミング言語の習得についてもいい評判が多いので安心して受講はできると思います。

テックブースト(Tech Boost)の無料説明会で聴いてみよう

エンジニアスクールの説明会は無料で用意されています。説明会ではエンジニアスクールに入学するにあたってわからないことを納得いくまで聴く機会です。

一例ですが以下について悩んでる人もいます。

  • エンジニアスクールに入学したいけどお金がない
  • エンジニアになれずに失敗したらどうしよう不安だ
  • 現在別の仕事をしながらエンジニアになりたい

もし、自分に合わない、必要ないと思ったら気軽に辞退できます。実際に説明会・カウンセリングを受けて入学される方は50%程度です。

一度、説明会・カウンセリングでわからない点・不安な点について聞いてみてはいかがでしょう。説明会に行った後、何をすればいいのか検討することをおすすめします。

RUNTEQ(ランテック) 無料キャリア相談会へ

RUNTEQ(ランテック)申込みから仕事開始までの流れ

step
1
RUNTEQ(ランテック)から登録


こちらをクリックしてページの下の方に申込みフォームがあるので申込みお願いいたします。

step
2
無料説明会


RUNTEQ(ランテック)の説明会で以下を実施

  • 学習のきっかけ、目的のヒアリング
  • サービスの紹介
  • カリキュラムの提案
  • 質疑応答

step
3
申込み


Webで申し込みをする

step
4
必要書類ご返送・ご入金


必要書類を送っていただき入金します。

step
5
アカウント発行受講開始


入学開始です。

学習のアドバイス

RUNTEQ(ランテック)に入会するのであればprogateやdotインストールといったオンライン授業を一通り受けた後の方がいいです。一通り簡単に学んだ後の方が学習スピードは何もしてこなかった時よりも速いスピードで取り組めます。

学習スピードが速いと講師からの印象がよくなり、いい就職先を選択してもらえる可能性があります。ぜひ、予習してから望んでみてはいかがでしょうか

エンジニア就職が目的

キャリアコンサルタントがベンチャーに強く就職先もベンチャー企業が多いようです。ベンチャー企業の働き方は比較的作業領域は広くプログラミングだけでなく設計や要件の聞き取りまでになります。

やりがいのある仕事が多いです。将来的にリーダーになったりプロジェクトマネージャになる近道になるはずです。

Webエンジニアになりたい方

Webエンジニアになりたい人に大きく以下の2種類の勉強法があります。

  • エンジニアスクールで勉強する
  • 独学で勉強する

独学で勉強する

独学で勉強する場合はインターネットで検索して調べて学んでいきます。一つ一つ検索しながら進めるので時間は非常にかかります。特にバグが発生した場合初心者は見つけるのが困難です。

エンジニアスクールで勉強する

エンジニアスクールで勉強する場合はエンジニア経験者の人から直接学ぶことで習得が大幅に早くなります。早い時期に就職できるので長い目で見ると生涯収入は独学の人よりも多くなります。

結論

独学よりもエンジニアスクールに通う方が利点が大きいです。中には完全無料でエンジニアスクールに通えるところもあります。

スクール
5つの特徴別おすすめITエンジニアスクール比較ランキング
5つの特徴別おすすめITエンジニアスクール比較ランキング

5つの特徴別にITエンジニアスクールを分類しました。「完全無料タイプ」「30代でも受け入れてくれるタイプ」「AIや機械学習・ブロックチェーンなどの新技術タイプ」「高品質・高級型」「インフラタイプ」のランキングを表示してます。

続きを見る

エンジニアの勉強方針

エンジニアスクール受講中でも自習は必須

エンジニアスクールでは実践レベルの内容を教えますが、すぐに理解できるほど単純ではなく、覚える量が非常に多いです。受講しているだけでは全て理解できないので自習が必要です。

勉強すればするほどさらにわからない事象が出てきます。その時にエンジニアスクールの先生に聞いてみるといいでしょう。

特に初心者の場合、自分でプログラミングのエラーを解決できない場合が多いので誰かの助けが必要です。そんな時に先生に聞いてみましょう。

そして成長し自分で解決できるようになります。自習して力を貯れます。エンジニアを職業にするのであれば必死になって勉強してもしすぎません。

エンジニアになっても日々勉強

エンジニアスクールを卒業したからといって勉強が終わるわけではありません。就業すると新しいITスキルを覚える必要があります。開発方針は会社それぞれなので学びます。新しい技術も出てきます。新しい技術は次々と出てくるので学習を続けないと過去の知識は陳腐化するので、他のエンジニアと比べて古い人材になってしまいます。古い技術しか知らない人材はエンジニア市場では淘汰されていきます。エンジニアで働くのは、ずっと勉強が必要です。プログラミングやITが好きな人でないと厳しい世界です。

プログラマーの勉強方針

一つのプログラミング言語をマスターすれば他の言語も応用が効くのでまず、一つのプログラミング言語に決めて学習しましょう。

例えばPHPの勉強をするとif文、for文というのが出てきます。これはJAVAでもPythonでもRubyでも出てきます。多少書き方は違っても機能は同じです。また、Web作成のフレームワークLaravelを学んだらRuby on Railsでも基本的に同じ構造です。

一つのプログラミング言語を知っておくとどのように動かすかわかるので他言語でも応用が効きます。

中途半端な知識の状態で別プログラミング言語を学ぶとまた最初から学ぶことになるので学習時間はより長くなります。まず、一つのプログラミング言語に集中した勉強をおすすめします。

ハイレベルエンジニアについて

どのようなエンジニアが市場価値が高い人物か

コミュニケーションスキルがあり、システムの開発ができる人が市場で多く望まれます。例えば、受けた依頼の中で新しい提案ができ、その提案の了承を受けて素早く構築きる人が重宝されます。

リモートで仕事をする時にもコミュニケーションが重要になってきます。そこで多くの情報を取得、設計、提案ができるようになれれば仕事の依頼はなくなりません。

フリーランスエンジニアになるには

フリーランスエンジニアになるには以下の技術を2つ以上理解できる能力が必要です。

  • プログラミング
  • サーバーやインフラ
  • フロントエンド
  • ネイティブアプリ
  • システム設計の知識

エンジニアスクールを卒業していい企業に就職できても、学ぶITスキルはまだまだ必要です。勉強をしなければ他のエンジニアに追いつきません。

勉強を続け、一人で依頼されたタスクを構築または解決できるようになればフリーランスで活躍できます。

会社概要

会社名株式会社スタートアップテクノロジー(StartupTechnology Inc.)
サービス名RUNTEQ (ランテック)
本社オフィス〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル5階B室

まとめ

RUNTEQ(ランテック)はRuby on Railsに特化しているWebエンジニア就職プランが強いエンジニアスクールです。自分のやりたいことに一致したらこちらの画像リンクから進んで説明会に参加してみてはいかがでしょうか

-エンジニアスクール

© 2021 スリーネクスト