仮想通貨

[基本]仮想通貨とは リップルとは (XRPとリップルの違い)

  1. HOME >
  2. ビジネス >
  3. 仮想通貨 >

[基本]仮想通貨とは リップルとは (XRPとリップルの違い)

概要

「暗号資産(仮想通貨)を始めたいけど何を始めればいいのか」

「暗号資産(仮想通貨)について聞いたことはあるけど、具体的にはよくわからない」

「暗号資産(仮想通貨)は複数通貨あるけど何があるのかわからない」という人に読んでもらいたい記事です。

暗号資産(仮想通貨)とは

実際に紙幣や硬貨は存在しないデジタル通貨のことです。また、国が正式に価値を保証している通貨ではないということです。

国が保証している通貨として一例で、日本であれば「円」、アメリカであれば「ドル」これらは国家が認めている通貨ですが、仮想通貨はどの国も正式な通貨として保証いないということです。

正式に保証していないからと言って違法な通貨というわけではありません。インターネットを通じて物品やサービスの対価として使用できますし、日本円やアメリカドルとも換金が可能です。

暗号資産(仮想通貨)の種類

大きく2種類あります。「ビットコイン」と「アルトコイン」です。

ビットコインは仮想通貨を代表する通貨です。取引高はアルトコインよりも多いです。

アルトコインはAlternative Coinと言われておりビットコイン以外のコインという意味です。ほとんどのアルトコインはビットコインを基にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

アルトコインの種類

世界では1,500以上の種類のアルトコインがあると言われています。

全て網羅することは難しいので代表的なアルトコインとして以下があります。(日本で取り扱っている有名なもの抜粋)

  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • ネム(XEM)
  • ファクトム (FCT)
  • ステラルーメン(XLM)

Facebookが主導して仮想通貨Libla(リブラ)を作るという話もありますが、それもアルトコインの一部です。

アルトコインの中でも特に取引が低く値上がり、値下がり幅の高いコインを草コインという人もいます。

ちなみに筆者が保有し記事として書いているアルトコインはリップルです。

リップルとは

リップルとは2つの意味で使われています。一つは会社名、もう一つはシステムの名称です。

会社名

Ripple.inc

システム名称

Ripple

リップルは暗号資産(仮想通貨)では?

リップルと呼んでいる仮想通貨は正式にはXRPです。リップル社がメインで開発した仮想通貨の名称です。
リップル社メインで開発した仮想通貨なのでリップルという通称がついています。

本来は仮想通貨という意味でリップルは使いません。

システム名としてのリップルの機能

リップルは国際送金の新しいシステムです。(世界的な大規模システム)

今現在の国際送金はSWIFTというシステムが利用されていますが、圧倒的にリップルというシステムの方が利点は高いです。

Swiftとリップルの比較テーブル

Swiftリップル
送金速度4日以内10秒以内
送金手数料18ドル〜0.0004ドル~

この現状を見る限りではシステムが安定したらリップルに移行することが自然な気がしてきます。

ただし、現行のSwiftもマイクロソフトと提携して仮想通貨を開発してリップルと同じことを手がけているので移行しない可能性もあります。

以下の2点が世界の銀行が国際送金システムをリップルに変更することに躊躇しているのではないかと思っています。(個人的感想です)

  • 国際送金システム(リップル)の取引実績はあるがまだ少ない。
  • セキュリティ面で問題ないのか、システム的に欠陥はないのかまだまだ検証が足りない。
もし、国際送金システムがSwiftからリップルに置き換わったら仮想通貨のリップルの価値が莫大に上がる可能性を秘めています。

筆者がリップルを推している理由

国際送金システムでリップルが標準的に使われた時、仮想通貨のリップル(XRP)の価値は非常に大きくなると予想しています。また、世界的企業のGoogleも出資しているので失敗することはないのかと考えているからです。

もちろん、1、2年は乱高下することはあると思いますが、私は長期投資家なので長期的なスパンで見ています。長期的なスパンで見た時にはリップルは非常にオススメだということです。

リップルを取扱い業者

GMOコイン

DMM Bitcoin

まとめ

仮想通貨とリップルについて基本が少し理解できたら早速口座開設して実践してみることをお勧めします。
そこで取引を始めることでより詳しくなってきます。


-仮想通貨

© 2020 スリーネクスト