プログラミングスクール

WebエンジニアRuby特化型プログラミングスクールRUNTEQ

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. プログラミングスクール >

WebエンジニアRuby特化型プログラミングスクールRUNTEQ

概要

RUNTEQ(ランテック)はWebエンジニアになりたい人のためのプログラミングスクールです。プログラミング言語をRuby on Railsに特化することで目指す道を特化させわかりやすい目標を示すことのできるスクールです。

Webエンジニアになりたい方

エンジニアを目指す人は多いです。プログラミング言語を習得しシステムを構築するのは今となっては高給の職業です。さらに、フリーランスエンジニアになるとかなりの高給取りになるのでエンジニアを目指す一つのバロメータになります。

もちろん、お金に関係なくエンジニアになりたいという方も多いです。簡単になれるものではないですが努力すればなれる職業になります。

Ruby on Railsに特化している

RunteqはWebエンジニアになりたい人のためのスクールです。特にプログラミング言語はRuby on Railsに特化しており、ベンチャー企業や中規模企業に人気のある開発言語になるので比較的若い人たちが多い場所での就職が可能になります。

Runteqのメリットデメリット

Runteqのメリット

Ruby on RailsがあればWebエンジニアのベンチャー系企業が多いです。ベンチャーになると作業領域はプログラミングだけでなく要件定義もしくは自分でこのようなサービスをしたいという意見も取り入れてくれる会社が多いです。

大企業では作業範囲が限られていますがベンチャーや中規模企業であれば自分の裁量で仕事ができることが多いです。

Runteqのデメリット

流行りのAIやIoTの仕事には関われないです。Webに特化しているのでAIやIoTはPython、C#で取り扱うようなプログラミング言語になるので最新技術を学びたいのであればRUNTEQでは学べないです。

目的はWebエンジニア特化しているのでわかりやすいです。

学習のアドバイス

RUNTEQに入会するのであればprogateやdotインストールといったオンライン授業を一通り受けた後の方がいいです。一通り簡単に学んだ後の方が学習スピードは何もしてこなかった時よりも速いスピードで取り組むことができます。

学習スピードが速いと講師からの印象がよくなり、いい就職先を選択してもらえる可能性があります。ぜひ、予習してから望んでみてはいかがでしょうか

エンジニア就職が目的

キャリアコンサルタントがベンチャーに強く就職先もベンチャー企業が多いようです。ベンチャー企業の働き方は比較的作業領域は広くプログラミングだけでなく設計や要件の聞き取りまですることになります。

やりがいのある仕事をさせてもらうことが多いです。将来的にリーダーになったりプロジェクトマネージャになる近道になるはずです。

今後のWebエンジニア市場

Webシステムはまだまだ可能性があります。AIやIoTの管理画面でWebを使うことが多いですしiPhone、AndroidのWebビューもWebが使用されることになります。今後10年以上はWeb技術は進化し続け仕事も増え続けると予想します。

Ruby on Railsがいつまで残っているか不明ですが一つのプログラミング言語をマスターすれば他の言語も応用が効くので勉強する価値はいつまでも残ります。

口コミ評判

プログラミング言語の習得についてもいい評判が多いので安心して受講はできると思います。

まとめ

プログラミングスクールは特徴はそれぞれあります。自分に合ったプログラミングスクールを選択してください。

今回はRuby on Railsに特化しているWebエンジニア就職プランが強いプログラミングスクールの案内でした。自分のやりたいことに一致したらこちらの画像リンクから進んで説明会に参加してみてはいかがでしょうか


スクール
プログラミングスクール比較 2020後半 現役エンジニアのおすすめ

現在のプログラミングスクールが複数あり、他社と何が違うのか差別化している部分を徹底的に比較してわかりやすく分類しています。自分にどこのプログラミングスクールが合っているのかを現役のエンジニアの視点で判断材料を集めました。

続きを見る

-プログラミングスクール

© 2020 スリーネクスト