プログラミング

サルサの総合ポータルサイト SalsaFavor 再始動

  1. HOME >
  2. 開発・基盤 >
  3. プログラミング >

サルサの総合ポータルサイト SalsaFavor 再始動

概要

今回はサルサダンスのポータルサイトを再作成しました。

サルサの総合ポータルサイトを以前作っていて途中だったので再構築しました。途中で寝かせておくのはもったいないのでこの際立ち上げました。

今まではCakePHPで作成していたのですが、PHPのフレームワークはほぼ Laravelの1強になったということでLaravelで作成しました。

サルサの総合ポータルとは


サルサについてWebでなんでもするというのが今回のサービス立ち上げの理由です。

サルサについての商品を幅広く紹介したり実際に売っていくことも予定しています。現在は商品検索して欲しいものを注文することができる機能を実装しています。

サルサシューズやサルサの音楽、サルサのレッスンDVD、映画、ダンスウェアの商品を紹介しています。

ポータルサイトとは

wikipediaでは難しいことを書いてあるのですが簡単にいうと一つのサイトで幅広いサービスを行う巨大Webシステムのことです。

例えば、検索サービスやニュース、スケジュールの管理など用途は様々です。サルサのポータルも商品を検索することができます。

何をしようとしているのか

サルサの総合ポータルと謳っていて今のところ商品の紹介と初心者に向けてサルサに向かうには何を準備すればいいのかということの情報提供のみになっています。

今後はどこでどのようなイベントがあるのかのイベント情報やどこでどのようなレッスンが開催されているのかの情報を登録できるようにし、共有できるようにしていく予定です。

サルサの総合ポータル SalsaFavor

サルサと私の関係

私自身が15年程度サルサというダンスを趣味でやっています。お酒を飲んで踊って帰るみたいなことをやっています。そんなことからサイトを立ち上げてみた次第です。

フリーランスエンジニアとしてポータルサイトを持つということ

フリーランスエンジニアにとってポータルサイトを持つということは非常に意味があります。機能を追加する時も新しい技術を使うことによって新しい技術が身につきます。

FirebaseやGoogleCloudPlatform、AmazonWebSearviceといった技術をポータルサイトで実装することにより幅広い知識が手に入れることができます。

また、サイトに訪れてくれた人にとってはいい情報共有の場にもなるわけです。

このポータルサイトを立ち上げることに対してはいい部分しかありません。若干のサーバー費用やドメイン費用はかかりますがそれ以上の財産になるのではないでしょうか

どんな技術が使われているの

PHP 7.4というプログラミングとPHPの代表的なフレームワークLaravel7になります。

データベースは MariaDBになります。
キャッシュ機能はRedisです。

APIの情報を取得して同じ情報は毎日何度も検索される恐れがあるのは負荷軽減のため格納して再利用するようにしています。

特に新しい技術はありませんが変わったことは商品の情報については外部のAPIからYahooショッっピングの情報をつなげて取得しています。

画像をクリックするとYahooショッピングのページに遷移することになります。将来的には楽天APIを使用しようと考えています。

今後の展望

もちろんサルサポータル SalsaFavor は将来的に幅を広げていくことになります。最初は小さい機能の実装が多いかと思います。

また、検索機能も非常に弱い部分があるので検索条件を細分化することでよりユーザーが欲しい情報を引出しやすくすることができるかと思います。

まとめ

-プログラミング

© 2020 スリーネクスト