リップル(XRP)

リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法

  1. HOME >
  2. 仮想通貨 >
  3. リップル(XRP) >

リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法

概要

リップル(XRP)が2020年12月12日にAirDropします。Sparkトークンという仮想通貨を無料でもらえます。では、どうすれば受取れるのか、全員がもらえるのか、いつもらえるのか記事にしています。

過去にビットコインがビットコインキャッシュに派生した時は自動でビットコインキャッシュをもらうことができましたが、XRPの場合は少し違います。

おすすめリップル(XRP)2つの口座

コインチェック

  • 国内最多の取扱通貨なのでSparkトークンを受け取った後も様々なイベントで役に立つ
  • ビットコインのアプリダウンロード数No1
ビットポイント

  • イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの取引高No1
  • XRPはなんと2位なのでSparkトークンも安心して預けられる
  • 暗号資産の貸出しサービスがあります。

Sparkトークンについての会話

A君
Sparkトークンのエアドロップが始まるみたいですよ

Sparkトークン? エアドロップ? 何それ?
Aさん

B君
Sparkトークンは新しい仮想通貨ですよ。エアドロップはある条件を満たしている人に対して無償で仮想通貨を配布することです。それでは詳しく解説していきますね

Sparkトークンとは

Sparkトークンは2020年12月にICOにより新規に始動する暗号資産(仮想通貨)です。XRPのブロックチェーンはXRP Ledgerという仕組みですがそれにスマートコントラクト(イーサリアム等で使われてる仕組み)ができるようにするFlareNetworksというプロジェクトが開発しました。

Sparkトークンの受取り方

Sparkトークン配布割合

XRP保有者に対して1:1の割合でSparkトークンを付与されます。

例えばリップルを10,000XRP保有していればSparkトークンは10,000もらえるということです。

ただし、一度に配布されるわけではなく、最初に15%に相当するSparkトークンを付与します。その後85%のSparkトークンは24ヶ月〜34ヶ月かけて順次配布していきます。

Sparkトークン配布時期

2020年12月12日に付与されること予定です。

Sparkトークン配布検討取引所

2020年11月25日の段階では12社が協議、検討中です。まだ確定はしていません。日本ではSparkトークンを付与すると決定した取引所はGMOコインのみです。海外の取引所では何社か取引を確定しているところはあります。
交渉に進捗がわかり次第このページで報告いたします。

以下の取引所はXRP、Sparkトークンだけでなくビットコインやイーサリアムの様々な取引ができるのでおすすめです。

Sparkトークン受取り方法

自動で付与されるわけではありません。取引所によって取り扱わないところもあります。取引所の方針を確認した上でどのように付与されるのか取引所で指示されると思うので指示に従うことです。今現在では1社が確定しています。

それはGMOコインです。
GMOコイン

Flare Networksへの申請方式になるので、何もしなければ付与されません。リップル(XRP)保有者は忘れずに申請してください。私も絶対忘れないようにします。

申請方法についてはまだ発表はありません。これからになります。

Sparkトークンの価値

Sparkトークンの価値は未公開です。まだ、未上場の株のような状態のためわからない決定していないというのが現状です。ICOは株式のIPOに似ていますが公開価格がないのでわかりづらいです。

Sparkトークンで知っておきたい用語集

Flare Networksとは

リップル社の投資部門(Xpring)が投資しているプロジェクトの一つです。Sparkトークンを発行します。

XRPの分散型台帳情でスマートコントラクト機能を導入する予定です。XRPレジャーという分散型台帳とイーサリアムのスマートコントラクトの融合が始動します。

FXRPトークンとは

スマートコントラクト作動させるにはSparkトークンを担保にしてFXRPの発行が必要になります。XRPと同じ価値のものがスマートコントラクトで動くことになります。

Air Dropとは

一定の条件を満たした人が仮想通貨を無償でもらえるイベントです。

過去にビットコインがビットコインキャッシュにハードフォークした時、ビットコイン を保持していた人は自動で配布されました。XRPに関連したSparkトークンはXRP保持者に対して申請があれば無償でSparkトークンを付与することになっています。

滅多にない機会なので参加できるのであれば参加したほうがいいでしょう。

まとめ

私もXRP保有者として楽しみにしています。いったいどのぐらいの価値があるのか、実際にもらえるのかまだわからないですが楽しいイベントの一つです。

スパークトークンの受け取りが終わって2021年はリップルの値動きはどうなるのか予想した記事が下にあるので気になる方はクリックどうぞ。

おすすめリップル(XRP)2つの口座

コインチェック

  • 国内最多の取扱通貨なのでSparkトークンを受け取った後も様々なイベントで役に立つ
  • ビットコインのアプリダウンロード数No1
ビットポイント

  • イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの取引高No1
  • XRPはなんと2位なのでSparkトークンも安心して預けられる
  • 暗号資産の貸出しサービスがあります。

-リップル(XRP)

© 2020 スリーネクスト