プログラミングスクール

未経験からプログラマー・エンジニアへキャリアチェンジ就職・転職

  1. HOME >
  2. フリーランスエンジニア >
  3. プログラミングスクール >

未経験からプログラマー・エンジニアへキャリアチェンジ就職・転職

概要

未経験エンジニアは就職することはできます。今回は2種類の未経験者がエンジニアとして就職する方法を記事にしました。

ITエンジニアは人気の職業で収入も多くシステムを作成することに憧れる人も多いです。しかしプログラミング未経験者がエンジニアになるのは難しいですのでエンジニアになりたい人はぜひご覧ください。

未経験からエンジニアとして就職するには

A君
未経験でエンジニア就職できますか

エンジニアになるために何をすれば良いかわからない
Aさん

B君
プログラミング言語やサーバーについて何も知らないけど大丈夫?

このような疑問を解消していきます。

エンジニア未経験、プログラミング初心者の方でもエンジニアとして就職できます。

就職するための方法を2種類紹介します

  • プログラミングスクールに入学し、就職支援を受ける
  • プログラミングを独学し自力で就職活動をする

プログラミングスクールに入学し、就職支援を受ける

「プログラミングについてわからない」「エンジニアは未経験である」という人であればプログラミングスクールに入学することをお勧めします。理由は以下の通りです。

  • 現役エンジニアから直接学べる
  • キャリアアドバイザーから就職支援を受けられる
  • エンジニアになるためのカウンセリングを受けられる

現役エンジニアから直接学べる

初心者でもわかりやすく現役エンジニアが教えてくれます。質問に対しても的確に返してくれます。問題解決までの時間が短いです。それに対して独学の人はひとつひとつ調べる必要があります。内容によっては1日、2日かかることもあります。

キャリアアドバイザーから就職支援

どこのプログラミングスクールも就職率は95%以上です。

自分から「就職活動を辞めたいです」と言わない限り就職することになります。

エンジニアになるためのカウンセリング

プログラミングスクールのカウンセリングでは「どのようにすればエンジニアになれるのか」アドバイスしてくれます。

もし、プログラミングスクールに通うとなった場合、どのように料金を支払っていくのかアドバイスしてくれます。若者は基本的にお金がなく、「ポン」支払える人は少ないです。20代なら無料のプログラミングスクールもあります。

一度情報収集のため説明会へ行って話を聞いてみるだけでいいです。金銭的なことや将来のビジョンが見えなければ断りましょう。

GEEK JOBキャンプ 20代限定の無料プログラミングスクール・エンジニア未経験からの社会人転職コース無料体験・説明会申込へ

テックキャンプ エンジニア転職 20代・30代のエンジニア未経験から本気でエンジニアになりたい人専用プログラミングスクール・無料体験・説明会申込へ

プログラミングスクールの特徴を比較したページ

スクール比較
現役エンジニアおすすめ プログラミングスクール 比較 2020

現役のフリーランスエンジニアである著者がおすすめのプログラミングスクールを比較しました。最近プログラミングスクールが増加し、他と何が違うのか、どこが自分に合っているのかを決める判断情報を集めました。

続きを見る

プログラミングを独学し自力で就職活動をする

独学で勉強することにはメリットデメリットがありますのでそれぞれ解説していきます。

独学するメリット

学習タイミングやどこから勉強するか自由に選択できコストがかからない方法でプログラミングを習得することができます。

プログラミングの本やインターネットに掲載されている情報から学習していく方法です。コストはほとんどかかりません。

独学するデメリット

仕事をしながら空いた時間にプログラミング学習をすることになります。また、プログラミング技術を誰も教えてくれる人がいないので一つ一つ調べながら学んでいくため非常に時間がかかります。

インターネットで書かれている情報は完成されていないことも多く、経験者でないと解決できないことが多々あります。Qiitaに掲載されているコードをコピーしても動く保証はありません。何か追加で付け足すか間違っているものを修正する必要があります。

初心者にはちょっと難しいです。また、一つ一つ調べていくためエンジニアになるまでの時間が非常にかかります。

さらに自分一人で勉強をすると「今日は忙しいから明日やろう」や「今日は別のことやって明日は倍の勉強をしよう」と言ってやらなくなります。相当自分を律しないと達成は難しいです

未経験者・初心者がエンジニアの勉強をする方法

プロゲートやドットインストールの動画で勉強

動画でプログラミングの勉強は本を読むよりもすぐに頭に入ってきます。

アプリケーションを作ってみる。

どのようなアプリケーションを作るのか自分で要件を決め、実際にプログラミングして作成します。以下のプログラミングの実装があれば自信を持って面談に臨むことができます。

最低限必要な機能

  • トップ画面
  • ログイン機能
  • 一覧画面(ページネーションあり)
  • 詳細画面
  • 商品検索
  • 商品登録・編集・削除
  • お問い合わせ画面
テストコードは今の時代必須

これをポートフォリオとしてGithubに公開しこれをもとに転職活動をすると強いです。

勉強としてクラウドソーシングで仕事をする

ビジネスの仕組みを理解するための勉強としてこの仕事に携わることにしましょう。収益目的で仕事を受けると単価が安すぎて正直残念な気持ちになります。

エンジニアとしてどのように仕事を進めるのかはもちろんビジネスとしてどのように見積もりを出し発注を受け納品しお金を受け取るのか非常に勉強になります。

独学で学んだ人が雇ってもらえる企業を探す方法

以下のようなエンジニア転職サイトから「未経験者歓迎」のある企業を検索し応募します。

Kaguya 先端技術・イノベーション領域に強いエンジニア転職支援サービス 無料会員登録

レバテックキャリア IT・Web転職特化エージェント 無料会員登録 / レバレジーズ株式会社

まずは正社員として仕事に携わることにしましょう。経験を経てからフリーランスエンジニアになることをお勧めします。フリーランスは自分一人で開発できる力がないと仕事はありません。プロフェッショナルな仕事ができることが前提です。

未経験エンジニアとして転職できるのは何歳までか

プログラミング独学の場合

就職活動は35才まで

プログラミングスクールの強力な就職支援が30代未経験でもエンジニアにしてくれます。もちろん20代の人に比べて間口は狭いですが求人自体は多数あります。

就業して経験を積めば今後仕事が途絶えることはあまりありません。

プログラミングスクールに通う場合

就職活動は30才まで

ツテもコネもないため自力で30代未経験は非常に難しいです。30代エンジニア未経験という理由で書類審査は落ちます。審査する立場ではどこの誰かわからない30代未経験の方は採用できないです。

プログラミングスクールと独学の早見表

プログラミングスクール独学
習得スピードエンジニアとしての知識はトレーナーから教えてもらうし質問し放題なので早いわからないことを自分で調べながら進めるので時間がかかる
就職サポートプログラミングスクールが保有している求人情報を元にキャリアアドバイザーが斡旋する求人サイトから自分で応募ポートフォリオ作成も自力で探す。
交流同じ場所で学ぶと仲間ができる(オンライン学習除く)一人で学習なので交流なし
就職率95%以上(自分から辞めたいと宣言しない限り就職する)低い
費用0円〜70万円0円

まとめ

プログラミングスクールは求人企業にどの程度のスキルを持った人が応募しているか伝えてくれるのでスキルマッチしやすく未経験エンジニアの就職が可能です。35歳まででも受け入れてくれます。

一度受け入れてもらえれば市場はエンジニアがたりてないので今後転職やフリーランスになることも可能となります。今のうちにエンジニアとしてキャリアチェンジして自分の居場所を作ることをおすすめします。


-プログラミングスクール

© 2020 スリーネクスト